神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鶴見区版 公開:2024年2月8日 エリアトップへ

少年野球 寺尾ファミリーが50周年 「全員野球」で成長続ける

スポーツ

公開:2024年2月8日

  • X
  • LINE
  • hatena
寺尾ファミリーの選手たち
寺尾ファミリーの選手たち

 鶴見区内の少年野球チーム「寺尾ファミリー少年野球部」(小林松吉代表)が創立50周年を迎えた。「チーム全体が家族のように」との思いで活動してきた同チーム。小林代表は「これからも子どもたちの一生懸命な姿に感動をもらいながら、『全力野球』で成長していきたい」と力強く語った。

 区少年野球連盟に所属する同部は1973年、当時の新興住宅街の一画で生まれた伝統ある少年野球チームの1つ。チーム名にある「ファミリー」は、チーム全体が家族のように仲間を大切にしてほしいとの思いから付けられた。

 馬場小学校や上寺尾小を中心に練習を行い、馬場や上寺尾、旭小児童のほか、区境に近いこともあって港北区や神奈川区から通う児童もいる。少子化で子どもが減少する中でも33人の選手が所属。多い時には60人ほどの選手がいて、入団テストを行っていたこともあったという。

 これまで同連盟主催の大会で5回優勝し、横浜市の大会で準優勝に輝いたこともある。「挨拶・礼儀」「道具を大切に」「全力疾走」をスローガンに掲げ、スタッフ一丸で子どもたちの健全育成に力を注いできた。小林代表は「これまでの歴史を築いてきてくれた関係者に敬意を表し、子どもたちに野球の素晴らしさを伝えられるよう、今後も『全員野球』で成長していきたい」と語った。

活躍誓う選手たち

 50周年を迎えた今年も3月から12月まで続く公式戦に挑む。主将を務める鈴木翔夢さん(旭小5年)は「チームワークがあり、元気なところが強み。上級生の活躍に負けないよう、自分たちも良い成績が残せるように一丸となって頑張りたい」と活躍を誓った。

啓進塾 新入塾生を募集

なぜ中学受験する? 中学受験専門・啓進塾 入塾説明会など開催

https://www.keisin.com

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

弁天池をまちのシンボルに

寺谷

弁天池をまちのシンボルに

市の助成受け、緑化整備

2月29日

子育て手続き スマホで

横浜市

子育て手続き スマホで

6月末、アプリ配信へ

2月29日

寺谷に新たな子ども食堂

寺谷に新たな子ども食堂

親同士の交流の場にも

2月22日

特養待機者減へ新指針

横浜市

特養待機者減へ新指針

居住費などに独自助成

2月22日

能登半島地震受け再編成

横浜市予算案

能登半島地震受け再編成

地震防災対策を強化

2月15日

宇宙開発の秘話に熱視線

宇宙開発の秘話に熱視線

豊小保護者が講演会を初開催

2月15日

丹沢の山々に抱かれた、爽やかな風の吹き抜ける町

都心まで電車で約90分。豊かな自然と子育てママ・パパに心強い制度がいっぱい!

https://www.town.yamakita.kanagawa.jp/lifetown/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月14日0:00更新

  • 7月7日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook