神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鶴見区版 公開:2024年5月9日 エリアトップへ

YFD関悠那さん 12代目スカーフ大使に 横浜の伝統工芸をPR

文化

公開:2024年5月9日

  • X
  • LINE
  • hatena
スカーフ大使に選ばれた関さん
スカーフ大使に選ばれた関さん

 横浜生まれのシルク製品ブランド「横浜スカーフ」の魅力を伝える「横浜スカーフ親善大使」の12代目メンバーがこのほど決定し、鶴見区内から横浜ファッションデザイン専門学校(YFD)=鶴見中央=に通う関悠那さん(20)が選ばれた。

 スカーフ親善大使は、横浜繊維振興会が毎年公募しているもの。今回は40人の応募者の中から、年齢や職業、経歴の異なる5人を選出。様々な立場から、1年間イベントなどを通じて横浜スカーフの魅力をPRする。

 同校ファッションビジネス科に通う関さんは、アパレル業界で将来活躍するための知識を学んでいる。販売の現場でお客にコーディネート等を提案する力を磨くために服飾の幅広い分野を勉強し、スカーフについても関心が高かった。

 学校の授業でも横浜スカーフについて学ぶ機会があり、世界最高水準の製版、染色、縫製の技術で作られたシルク製品の質はもちろん、「シルクが作り出すドレープ(緩やかなたるみ)や柄、プリントの美しさに魅了されました」と関さん。そのスカーフへの熱意が伝わり、教員から同大使のことを紹介されて、応募を決めた。

1年間、市内外で活動

 関さんは県立鶴見総合高校を卒業し、ファッションに興味があったことから進学先として同専門学校へ。旭区出身だが、叔母が鶴見に住んでいたことから幼少期から馴染みがあった。今回、同大使に選ばれたことについては「本当に驚きました。ちゃんと務められるか緊張します」とはにかんだ。

 これから1年間、大使として様々なイベントなどに出席し、横浜スカーフをPRする。「横浜市民の一人として、横浜のブランドの1つである横浜スカーフの特性や良さをもっと学び、市内外の多くの方にその魅力を伝えられるように精一杯務めていきます」と笑顔で語った。

鶴見区版のトップニュース最新6

弁当で鶴見の魅力PR

弁当で鶴見の魅力PR

とも栄鮨の梶さんが考案

6月13日

「健診未受診」に不安の声

市立小中校の不登校者増

「健診未受診」に不安の声

市、他事例調査し取組検討

6月13日

緑地保全で国交大臣賞

かぶと塚ふれあいの樹林愛護会

緑地保全で国交大臣賞

四半世紀の活動を評価

6月6日

「こども・若者・女性」に重点

横浜市自殺対策

「こども・若者・女性」に重点

社会情勢変化に対応

6月6日

多文化共生指針を策定

鶴見区

多文化共生指針を策定

独自の指針は市内初

5月30日

高齢者に増加傾向

市内の消費生活相談

高齢者に増加傾向

4コマ漫画等で注意喚起

5月30日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月14日0:00更新

  • 7月7日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook