神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鶴見区版 公開:2024年5月16日 エリアトップへ

鶴見区内から9人が受章 春の叙勲・褒章

社会

公開:2024年5月16日

  • X
  • LINE
  • hatena
藍綬褒章を受章した星野さん
藍綬褒章を受章した星野さん

 内閣府がこのほど、2024年春の叙勲、褒章の受章者を発表した。鶴見区からは瑞宝小綬章などで9人が選ばれた。

 国家・公共に対し、功労が認められる人に贈られる勲章。功績の内容に着目し、顕著な功績を挙げた人が対象の「旭日章」と、公務等に長年にわたり従事し、成績を挙げた人が対象の「瑞宝章」がある。今回、全国では各界に功労のあった合わせて4106人が受章した。

 区内からは、瑞宝小綬章に国土交通行政事務功労として元中部空港事務所長の角谷政美氏(74)と、元国土交通省航空局空港部空港政策課空港保安防災企画官の堀江孝一氏(74)の2人が、そして警察功労として元警視庁警察学校長の丸山富士雄氏(73)が受章した。

 また、瑞宝双光章に総務省行政事務功労として元日本郵政公社南関東支社保険事業部長の宇田川博通氏(70)と元日本郵政公社簡易保険事業総本部コンプライアンス統括部担当部長の福士康夫氏(70)が受章。

 危険業務従事者叙勲では、瑞宝双光章に防衛功労として元1等陸尉の柿川隆幸氏(61)、瑞宝単光章に警察功労として元警視庁警部補の大竹一行氏(73)、消防功労として元東京消防庁消防司令の齊藤道雄氏(68)が受章した。

星野さんに藍綬褒章

 一方、褒章は顕彰内容で紅・緑・黄・紫・藍・紺の6種類がある。今回、全国では665人が受章した。区内からは、藍綬褒章(消防功績)を横浜市鶴見消防団副団長の星野敏彦氏(63)が受章した。

 星野さんは、31年前に鶴見消防団第八分団に入団。屋根や外壁のリフォーム、板金工事を行う(有)星野板金を営みながら、消防団でも精力的に活動。同分団の分団長を務めたのち、6年前から団本部に上がり副団長として5年目を迎える。

 受章については「照れくさい」と謙遜しつつも、「続けてこられたのは先輩方や仲間のおかげ。消防団としては団員減少など課題もある。団長を支え、皆が活動しやすい雰囲気を作っていきたい」と笑顔で語った。

鶴見区版のトップニュース最新6

弁当で鶴見の魅力PR

弁当で鶴見の魅力PR

とも栄鮨の梶さんが考案

6月13日

「健診未受診」に不安の声

市立小中校の不登校者増

「健診未受診」に不安の声

市、他事例調査し取組検討

6月13日

緑地保全で国交大臣賞

かぶと塚ふれあいの樹林愛護会

緑地保全で国交大臣賞

四半世紀の活動を評価

6月6日

「こども・若者・女性」に重点

横浜市自殺対策

「こども・若者・女性」に重点

社会情勢変化に対応

6月6日

多文化共生指針を策定

鶴見区

多文化共生指針を策定

独自の指針は市内初

5月30日

高齢者に増加傾向

市内の消費生活相談

高齢者に増加傾向

4コマ漫画等で注意喚起

5月30日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月14日0:00更新

  • 7月7日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook