神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鶴見区版 公開:2024年6月6日 エリアトップへ

かぶと塚ふれあいの樹林愛護会 緑地保全で国交大臣賞 四半世紀の活動を評価

社会

公開:2024年6月6日

  • X
  • LINE
  • hatena
サツマイモの苗を植える会員たち=提供
サツマイモの苗を植える会員たち=提供

 緑化推進や花と緑の愛護に顕著な功績のあった民間団体を表彰する第35回「みどりの愛護」功労者国土交通大臣表彰で、駒岡の「かぶと塚ふれあいの樹林愛護会」(岩崎幸男会長)が受賞した。全国で97団体が受賞し、うち横浜市内からは4団体。6月1日には和歌山県で開かれた「みどりの愛護」のつどいで感謝状の授与式が行われた。

 市立上末吉小学校の西隣にある「かぶと塚ふれあいの樹林」。この地はかつて古墳や貝塚など歴史的文化遺産があった場所で、同愛護会はその遺産や緑地保護を目的に1999年3月に地域住民有志が設立した。

 設立時から同愛護会の会長を務め、現在は相談役の小山和雄さんは「宅地化も進むこの地域で、昔は古墳や貝塚があった歴史を後世に伝えたかった。『地元のためなら』と、各町会や皆が積極的に協力してくれた」と話す。

 愛護会では現在63人が活動。約1・2ヘクタールの同樹林には斜面地も多いが、残された貴重な緑を守るために会員たちが毎月の草刈りや清掃活動のほか、樹林に続く尾根を毎週巡回するなど、利用者に快適で安全な緑地づくり、自然環境の確保を図っている。

 また、ふれあい活動として広場でサツマイモを栽培し、近隣の小学校に土に親しむ機会として提供。コロナ禍前には一緒に収穫祭を開いて楽しんでいた。

 今回の国土交通大臣表彰は、四半世紀にわたるこのような活動が評価されての受賞。岩崎会長は「地元のためにと、これまで皆で頑張ってきた活動が評価されて大変嬉しい」と喜びを語る。毎月の活動は緑地保全だけでなく、住民の交流の場にもなっていると話し、「この活動を次世代に繋げていくことも大切。今後もここが市民に親しまれる憩いの場となるよう、皆で活動していきたい」と語った。

 ※兜塚名称の由来…約500年前、小机城を攻めたとされる武将、太田道灌が加瀬の台(現在の川崎市幸区夢見ヶ崎)に城を築こうとし、その地で一夜を過ごした。その夜、道灌は夢の中で、兜を鷲が持ち去りこの地に落としたという夢を見てこの地に自分の兜を埋めたという伝説から、兜塚と呼ばれるようになったと伝えられている。同広場に石碑がある。

鶴見区版のトップニュース最新6

弁当で鶴見の魅力PR

弁当で鶴見の魅力PR

とも栄鮨の梶さんが考案

6月13日

「健診未受診」に不安の声

市立小中校の不登校者増

「健診未受診」に不安の声

市、他事例調査し取組検討

6月13日

緑地保全で国交大臣賞

かぶと塚ふれあいの樹林愛護会

緑地保全で国交大臣賞

四半世紀の活動を評価

6月6日

「こども・若者・女性」に重点

横浜市自殺対策

「こども・若者・女性」に重点

社会情勢変化に対応

6月6日

多文化共生指針を策定

鶴見区

多文化共生指針を策定

独自の指針は市内初

5月30日

高齢者に増加傾向

市内の消費生活相談

高齢者に増加傾向

4コマ漫画等で注意喚起

5月30日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月14日0:00更新

  • 7月7日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook