鎌倉版 掲載号:2013年4月19日号 エリアトップへ

鎌倉のとっておき〈第3回〉 妙本寺ミステリー

掲載号:2013年4月19日号

  • LINE
  • hatena
源よし子の墓
源よし子の墓

 祖師堂の北方、新釈迦堂跡といわれる高台に「源よし子の墓」があります。初めて訪れたとき、なぜ源氏の姫君の墓がここにあるのか不思議に思いました。

 妙本寺は、比企館跡に建立された比企氏ゆかりの寺です。よし子は、またの名を「竹御所」あるいは「源鞠子」といい、2代将軍頼家の末子です。母は比企能員の娘若狭局。4代将軍として京から迎えられた藤原頼経の御台所でした。1234年、北条館にて頼経の子を死産し、自らも息を引取ったと言われています。生まれるはずであった子は、頼朝、摂関藤原氏、北条氏の血を受継ぎ、極めて重要な立場になることは間違いありませんでした。ただ、残念にも、生まれて来ることはありませんでした。

 比企氏は権力闘争の過程で、1203年北条氏によって滅ぼされ、歴史上詳しく語られることはありません。よし子についても、実は、記録がほとんどないのです。

 よし子と竹御所、鞠子は同一人物なのか。母は本当に比企の姫君若狭局なのか。そしてなにより、なぜ北条館を産所と定めたのか。今となってはことの真相を知るすべもありません。

 妙本寺は何を語るでもなく、今日も季節の花がよし子の墓を飾るのみです。そしてもう一つ、比企一族の墓の裏手、大イチョウの根元に讃岐局供養塔があります。讃岐局と若狭局は同一人物と言われているのですが…。

(石井卓郎)
 

鎌倉まめや小町通り店

5月に店舗をリニューアル。広々とした店内には常時70~80種の豆菓子が充実。

http://www.mame-mame.com/

<PR>

鎌倉版のコラム最新6

鳩が舞い降りる街

鎌倉のとっておき 〈第100回〉

鳩が舞い降りる街

11月20日号

源氏の御曹司(おんぞうし)に仕えて

鎌倉のとっておき 〈第99回〉

源氏の御曹司(おんぞうし)に仕えて

10月30日号

日本の製紙産業への功績跡

鎌倉のとっておき 〈第98回〉

日本の製紙産業への功績跡

10月23日号

鎌倉の民謡あれこれ

鎌倉のとっておき 〈第97回〉

鎌倉の民謡あれこれ

10月16日号

鎌倉と御家人〜相馬氏〜

鎌倉のとっておき 〈第96回〉

鎌倉と御家人〜相馬氏〜

10月9日号

江ノ電の車窓から

鎌倉のとっておき 〈第95回〉

江ノ電の車窓から

9月18日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク