鎌倉版 掲載号:2017年12月8日号 エリアトップへ

鎌倉のとっておき〈第32回〉 お酒にまつわるエトセトラ

掲載号:2017年12月8日号

  • LINE
  • hatena
北条時頼の廟所明月院の円窓
北条時頼の廟所明月院の円窓

 今も昔も宴席には欠かせない「百薬の長」”お酒”。

その昔は、祭礼や慶事の際、朝廷や僧など一部の特権階級が集団で飲む程度であったようだが、平安時代には酒つくり文化も発展し、鎌倉時代には庶民にもかなり普及していた。

 当時の”お酒”は主ににごり酒。酒宴ではまず、決められた席順で座り一つの杯に注ぎ手が順にお酌しながら、上座から下座へと一巡(一献)させ、さらに二献、三献と重ねていった。同じ杯の酒で、ともに酔い「一味同心」となることで、主従の結びつきにも役立っていたようだ。「まわし飲み」の起源でもある。

 まわし飲みの後は一人ずつ杯が配られ、席順にこだわりなく各自好きなだけ酒を飲み、肴とともに歌舞のひとさしも添えられたと聞く。中世鎌倉では、酒で身を滅ぼし、泥酔して事をおこすやからも多かった。そのため「味噌を肴に酒を飲んだ(質素の意)」とのエピソードもある5代執権・北条時頼は酒の販売を禁止した。禅宗の影響もあったのだろう。

 幕府の歴史書『吾妻鏡』には、当時の鎌倉の民家全体で3万7274個の酒壺があったが、各戸自家用の1壺を除きすべて破壊させたとの記録も残る。

 ”お酒”の功罪は様々だが、吉田兼好は『徒然草』の中で「酒で財産を失ったり、病の多くは酒が原因であり、うとましいもの」とする一方、「お近づきになりたかった人と飲むうちに、段々打ち解けていくのも嬉しい」と綴っている。

 夜ごと名だたる武士たちの酒宴から歌舞の声も聞こえてくる、鎌倉はそんないにしえの情景を思い描かせてくれる街でもある。

石塚裕之
 

鎌倉版のコラム最新6

鳩が舞い降りる街

鎌倉のとっておき 〈第100回〉

鳩が舞い降りる街

11月20日号

源氏の御曹司(おんぞうし)に仕えて

鎌倉のとっておき 〈第99回〉

源氏の御曹司(おんぞうし)に仕えて

10月30日号

日本の製紙産業への功績跡

鎌倉のとっておき 〈第98回〉

日本の製紙産業への功績跡

10月23日号

鎌倉の民謡あれこれ

鎌倉のとっておき 〈第97回〉

鎌倉の民謡あれこれ

10月16日号

鎌倉と御家人〜相馬氏〜

鎌倉のとっておき 〈第96回〉

鎌倉と御家人〜相馬氏〜

10月9日号

江ノ電の車窓から

鎌倉のとっておき 〈第95回〉

江ノ電の車窓から

9月18日号

あっとほーむデスク

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク