鎌倉版 掲載号:2018年3月16日号
  • googleplus
  • LINE

鎌倉のとっておき〈第37回〉 鎌倉と節目の歴史〜350年前〜

一ノ鳥居
一ノ鳥居

 全国有数の観光名所・鎌倉で、最も訪れる人が多いのは鶴岡八幡宮である。同宮が現在地に移ったのは、源頼朝が鎌倉入りをした治承4年(1180年)。今からおよそ840年前のことである。その後、鶴岡八幡宮は鎌倉幕府の篤い崇拝のもと、徐々に造築と整備が行われていった。そして鎌倉幕府滅亡後も、室町時代は関東公方足利氏や小田原北条氏の援助、安土桃山時代には豊臣秀吉・徳川家康による復興が行われた。江戸時代に入っても、二代将軍徳川秀忠の若宮再建が行われ、その援助は続いた。

 そんな中、今から350年前の寛文8年(1668年)、江戸幕府により鶴岡八幡宮の社殿改修と、若宮大路の海側から一、二、三と数える3つの鳥居が、木造から石造に改替された。これらの鳥居は四代将軍徳川家綱の寄進で、前年から造り替えが進められていた。この時の石造の鳥居は明治37年(1904年)に特別保護建造物に指定されたが、惜しくも関東大震災で倒れた。現在、二ノ鳥居と三ノ鳥居は鉄筋コンクリート造で再建されているが、一ノ鳥居は、昭和11年(1936年)に石材で再建、翌年竣工奉祝祭が行われた。

 この一ノ鳥居の柱には「寛文八年戌申八月十五日 御再興 鶴岡八幡宮石雙華表」と刻まれている。鳥居は高さ約8・5m、笠石という鳥居の一番上の横石は長さ約13mにおよぶ。鳥居としては数少ない国の重要文化財に指定されている。

 このように中世以来たくさんの歴史と由緒を持つ鎌倉には、節目にあたる出来事がまだまだ数多く存在している。そんな過去を遡り、節目の歴史を感じるのも鎌倉の魅力の一つである。

浮田定則
 

鎌倉版のコラム最新6件

鎌倉幕府最後の将軍第九代将軍守邦親王

鎌倉と源氏物語〈第28回〉

鎌倉幕府最後の将軍第九代将軍守邦親王

7月27日号

鎌倉武士のまちづくり

鎌倉のとっておき 〈第45回〉

鎌倉武士のまちづくり

6月29日号

平禅門の乱平頼綱子息資宗と後深草院二条

鎌倉と源氏物語〈第27回〉

平禅門の乱平頼綱子息資宗と後深草院二条

6月15日号

鎌倉と失われた名刹〜禅興寺〜

鎌倉のとっておき 〈第44回〉

鎌倉と失われた名刹〜禅興寺〜

6月15日号

異国文化と鎌倉の名産品

鎌倉のとっておき 〈第43回〉

異国文化と鎌倉の名産品

5月18日号

鎌倉発の“ファッショントレンド”

鎌倉のとっておき 〈第42回〉

鎌倉発の“ファッショントレンド”

5月11日号

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

オリジナル灯籠づくり

オリジナル灯籠づくり

21日 由比ヶ浜海岸で

8月21日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月17日号

お問い合わせ

外部リンク