鎌倉版 掲載号:2018年12月7日号 エリアトップへ

鎌倉のとっておき 〈第50回〉 "ぬくもり"鎌倉から

掲載号:2018年12月7日号

  • LINE
  • hatena
光触寺にある一遍上人像
光触寺にある一遍上人像

 私たちの健康の源、睡眠。そして良質な眠りに欠かせないのが「布団」だが、その起源は、意外にも鎌倉武士のお勤めと深い関係がある。

 平安時代、まだ敷布団はなく、貴族でさえ直接畳の上で眠っていた。

 これは鎌倉時代も同様で、時宗の開祖、一遍の『一遍上人絵伝』にも、畳を運んで臥所(ふしど)(寝床)の用意をする僧侶の姿が描かれている。掛布団もなく、眠る時は昼間身に付けていた衣服を脱いで上から掛けていた。また当時は裸で眠るのが一般的であったという。

 かたや庶民、特に農民の住まいは、中が床ではなく土間であったため、眠る時は藁(わら)の中にもぐって寝ていたようだ。

 そうした時代、鎌倉武士には夜、幕府の警備として寝ずの番につくお役目(宿直(とのい))があった。武士は宿直の際、寒さを防ぐために平常服(直垂(ひたたれ))に綿を入れた服(直垂衾(ひたたれふすま))を用意し、これを着て勤めにのぞんでいた。

 その後江戸時代になり、綿の普及に伴い、肩まで隠れ保温性の高い直垂衾は、「夜着(よぎ)(かいまき)」として、眠る時に身体の上に掛ける形で使われるようになった。

 さらに関西を中心に四角い掛け具として一般化され、現在の掛布団になったという。

 ちなみに、綿の入った四角い敷布団も、この頃に普及が進んだと聞く。

 自然環境も豊かな古都鎌倉。そこは、相模湾の潮騒を枕に、緑の山懐(やまふところ)で日々の疲れを心地よく癒してくれる街でもある。

石塚裕之
 

鎌倉まめや小町通り店

5月に店舗をリニューアル。広々とした店内には常時70~80種の豆菓子が充実。

http://www.mame-mame.com/

<PR>

鎌倉版のコラム最新6

万葉人の恋舞台

鎌倉のとっておき 〈第67回〉

万葉人の恋舞台

9月13日号

源実朝のお月見クルーズ

鎌倉のとっておき 〈第66回〉

源実朝のお月見クルーズ

8月30日号

鎌倉夏ごよみ〜葉月の頃〜

鎌倉のとっておき 〈第65回〉

鎌倉夏ごよみ〜葉月の頃〜

8月23日号

鎌倉の丘陵〜鎌倉石〜

鎌倉のとっておき 〈第64回〉

鎌倉の丘陵〜鎌倉石〜

8月9日号

大垣市守屋多々志美術館

鎌倉のとっておき 〈第63回〉

大垣市守屋多々志美術館

8月2日号

猫が残してくれた宝物

鎌倉のとっておき 〈第62回〉

猫が残してくれた宝物

7月5日号

文学散歩 太宰治

鎌倉のとっておき 〈第61回〉

文学散歩 太宰治

6月21日号

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 9月6日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月13日号

お問い合わせ

外部リンク