鎌倉版 掲載号:2019年12月20日号 エリアトップへ

鎌倉のとっておき 〈第74回〉 鎌倉新春ごよみ

掲載号:2019年12月20日号

  • LINE
  • hatena
「船祝い」が行われる腰越漁港
「船祝い」が行われる腰越漁港

 新春の鎌倉は、鶴岡八幡宮をはじめ多くの初詣客でにぎわうが、その中で古(いにしえ)から続く仕事始めの儀式など、中世鎌倉の様子を伝える行事は今もなお続いている。

 漁師など漁業関係者の仕事始めは、坂ノ下や材木座、腰越で行われる。

1月2日の坂ノ下海岸での「船おろし」は、大漁旗を掲げた船が海岸に集まり、船内に祀(まつ)った船(こと)霊(だま)(船の守り神)にお神酒を供えたうえ、船主が船の上からみかんなどを撒き、一年の豊漁と安全を祈願するもの。みかんは「漁で黄金が返ってくるように」との願いをかけて撒く。1月4日には腰越漁港でも行われ、「船祝い」と呼ばれている。

 一方、大工など建築関係者の仕事始めは1月4日、鶴岡八幡宮での「手斧始式(ちょうなはじめしき)」。鳶職が神職先導のもと、二の鳥居から段葛を木遣唄を唄いながらご神木を運ぶ。舞殿前では、烏帽子に直垂(ひたたれ)をまとった姿で鋸や手斧、槍かんななど木工用工具を使い、木を加工する際の所作を古式ゆかしく再現する。そして、1月5日に武家の仕事始めとして鶴岡八幡宮で行われる「除魔神事」。烏帽子に直垂姿の射手6人が2人ずつ順番に、直径約1・6mの的(裏に「鬼」と記載)に向けて矢を射ることで「鬼」を封じ込め、年中の除魔を行うもので、鎌倉時代から続く伝統行事である。

 新春の訪れとともに、一気に活気づく古都鎌倉。今も昔も職業人の心意気に満ちあふれるまちである。

石塚裕之
 

鎌倉版のコラム最新6

鳩が舞い降りる街

鎌倉のとっておき 〈第100回〉

鳩が舞い降りる街

11月20日号

源氏の御曹司(おんぞうし)に仕えて

鎌倉のとっておき 〈第99回〉

源氏の御曹司(おんぞうし)に仕えて

10月30日号

日本の製紙産業への功績跡

鎌倉のとっておき 〈第98回〉

日本の製紙産業への功績跡

10月23日号

鎌倉の民謡あれこれ

鎌倉のとっておき 〈第97回〉

鎌倉の民謡あれこれ

10月16日号

鎌倉と御家人〜相馬氏〜

鎌倉のとっておき 〈第96回〉

鎌倉と御家人〜相馬氏〜

10月9日号

江ノ電の車窓から

鎌倉のとっておき 〈第95回〉

江ノ電の車窓から

9月18日号

グローバル行政書士ネットワーク

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク