鎌倉版 掲載号:2020年1月31日号 エリアトップへ

鎌倉のとっておき 〈第77回〉 「病気平癒(へいゆ)」を願って

掲載号:2020年1月31日号

  • LINE
  • hatena
満福寺本堂
満福寺本堂

 人生100年時代、願わくば健康であり続けたいと思うが、鎌倉には病気の回復にご利益のあるとされる寺も数多い。

 古くは腰越の満福寺。奈良時代、関東で疫病が流行した際、仏教僧の行基が鎌倉で祈りを捧げたところ、病気が収まったことからこの地に寺を建てたという。

 満福寺は、源義経が平家討伐で凱旋した際、兄の頼朝に鎌倉入りを許されず、ここに留め置かれたため、自らの思いを『腰越状』に記した地としても有名だ。

 次に極楽寺。寺を開いた仏教僧の忍性は、病気で苦しむ人々のために、施薬院(薬の投与等)や悲田院(病人等の入所)を設けるなど、福祉事業にも取り組んだことから医王如来として崇められたという。

 さらに大町の上行寺。病に特効のある瘡守(かさもり)稲荷を祭る稲荷堂と、無病息災のご利益のある鬼子母神を祭る薬師堂がある。言い伝えによれば、北条政子は源頼朝の「おでき」を治すため、瘡守稲荷に参拝したという。今では「癌封じ」の寺としても広く知られている。

 ほかにも、薬師如来を祭る覚園寺や海蔵寺、「日朝さま」の愛称で眼病に効くとされる本覚寺などは、いずれも病気の回復にご利益のある寺としても知られている。

 明治期、ドイツ人医学者ベルツが保養地として最適な地であると称賛した古都鎌倉。人々が自らの健康とともに、大切な人たちの健康を願う、心温まるまちである。

        石塚裕之
 

鎌倉版のコラム最新6

鳩が舞い降りる街

鎌倉のとっておき 〈第100回〉

鳩が舞い降りる街

11月20日号

源氏の御曹司(おんぞうし)に仕えて

鎌倉のとっておき 〈第99回〉

源氏の御曹司(おんぞうし)に仕えて

10月30日号

日本の製紙産業への功績跡

鎌倉のとっておき 〈第98回〉

日本の製紙産業への功績跡

10月23日号

鎌倉の民謡あれこれ

鎌倉のとっておき 〈第97回〉

鎌倉の民謡あれこれ

10月16日号

鎌倉と御家人〜相馬氏〜

鎌倉のとっておき 〈第96回〉

鎌倉と御家人〜相馬氏〜

10月9日号

江ノ電の車窓から

鎌倉のとっておき 〈第95回〉

江ノ電の車窓から

9月18日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク