鎌倉版 掲載号:2021年6月25日号 エリアトップへ

鎌倉のとっておき 〈第113回〉 源頼朝とは兄弟だった?(八田氏)

掲載号:2021年6月25日号

  • LINE
  • hatena
八田邸の北側に位置した大倉幕府(跡)
八田邸の北側に位置した大倉幕府(跡)

 源頼朝亡き後、幕府の運営を合議して決めていた宿老13人の中に八田(はった)知家(ともいえ)がいた。

 知家は、1156年朝廷内の権力争い「保元(ほうげん)の乱」において、頼朝の父、源義朝とともに後白河天皇側に味方して勝利に貢献した。

 その後、1180年頼朝の挙兵に合流、下野国(しもつけのくに)(栃木県)の地頭(年貢の徴収等)に任ぜられるとともに、平氏滅亡の年には「葦屋浦(あしやうら)の戦い」(九州)に参戦し、武功を挙げたという。

 この源平の合戦では、源氏側で大活躍した頼朝の弟、源義経が、頼朝に無断で朝廷から官位を受けてその怒りを買い、遂には亡きものとされたが、知家も九州に向かう際には、既に官位を授かっていたのだという。

 これを聞いた頼朝は、「鎮西(ちんぜい)に下向(九州への平氏討伐)する途中に京で任官するなど、怠け馬が道草を食うようなものだ」と知家を罵倒したという。後に知家は、1189年奥州藤原氏の討伐(奥州合戦)で、「東海道大将軍」として軍勢をまとめて武功を挙げ、面目躍如を果たしている。

 そして後年の知家は、宿老の一人として幕府運営を支え、1221年「承久の乱」においては、時の執権、北条義時とともに鎌倉の治安維持に務めたのだという。

 知家には、「実は義朝の子(頼朝と兄弟)だったのではないか」との説がある。事の真偽は定かではないが、知家が義朝から実朝まで源氏4代のあり様を間近に見ていた武士であったことは間違いない。       石塚裕之

鎌倉版のコラム最新6

武士の魂、鎌倉に宿る

鎌倉のとっておき 〈第116回〉

武士の魂、鎌倉に宿る

7月23日号

鎌倉と御家人〜山内首藤氏〜

鎌倉のとっておき 〈第115回〉

鎌倉と御家人〜山内首藤氏〜

7月16日号

頼朝の幼なじみ、東奔西走する!(中原氏)

鎌倉のとっておき 〈第114回〉

頼朝の幼なじみ、東奔西走する!(中原氏)

7月2日号

源頼朝とは兄弟だった?(八田氏)

鎌倉のとっておき 〈第113回〉

源頼朝とは兄弟だった?(八田氏)

6月25日号

鎌倉と荘園〜山内荘(やまのうちのしょう)〜

鎌倉のとっておき 〈第112回〉

鎌倉と荘園〜山内荘(やまのうちのしょう)〜

6月18日号

早春に芽吹く紫陽花

鎌倉のとっておき 〈第111回〉

早春に芽吹く紫陽花

6月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter