鶴見区版 掲載号:2017年5月11日号

文房具で国際支援 社会

学生団体が三ツ池フェスに

ベトナムの孤児院で文房具を手渡す学生(2015年撮影)
ベトナムの孤児院で文房具を手渡す学生(2015年撮影)

 鶴見や川崎を中心に、不要となった文房具をベトナムの孤児院などに届け続ける大学生たちがいる。2013年の設立以来、区内老舗文房具店の(株)マルハチら協力のもと、活動しているのは、国際ボランティア団体のGooodwills(グッドウィル)だ。学生らは、5月20日、県立三ツ池公園で開かれる区民祭りの一つ、「三ツ池フェスティバル」の中で文房具の回収を行う。

貧困の打破へ

 グッドウィルは、区内出身で当時大学生だった舩田祥雅さんが、出身の県立川崎高校の後輩らと立ち上げた団体。休止期間もあったが、後輩で前代表を務めた清澤星馬さんらが意志を継ぎ、2015年からはベトナムに絞った形で活動を継続。同年12月にはベトナムのクエフーン孤児院を訪れ、集めた文房具などを手渡すなど、現地の子どもたちと交流した。

 「文房具は取り合いになっていた。足りていないと感じた」と振り返る清澤さん。3歳〜18歳、50人以上はいたという孤児院。孤児院育ちは就職もうまくできず、貧困のサイクルが存在することを聞いた。教育が子どもを救う手立ての一つになる――現地に行き、思いは強くなったと語る。

鶴見で活動継続

 設立当初からの縁で、マルハチのある鶴見銀座商店街のイベントには毎月出店する。現メンバーは主に拓殖大学の学生で鶴見に縁はない。だが、これまで助けられた土地。現代表の平良菜摘さんは「活動の場を提供してもらえるのはありがたい。文房具をわざわざ取りに戻って持ってきてくれる人もいる」と感謝する。

 渡航は自費のため、簡単に現地に行くことはできない。他団体とも交流しながら集めた文房具を届けるが、マルハチに借りている倉庫などに送りきれない文房具もある。それでも、手にするのが銃ではなく、ペンになるように、そんな思いで活動する。

 三ツ池フェスティバルでは、乾いて使えなくなるボールペンなどインク入りの文房具以外を集める。
 

関連記事powered by weblio


神奈川こすもすのお葬式プラン

100人いれば、100通りのお葬式を

http://kgcms.co.jp/

プリンス電機株式会社

環境や社会に取り組む、施設/ 機器用照明の専門メーカー

http://www.prince-d.co.jp/

ママズスマイル横浜鶴見店

託児に罪悪感はいらない――当日OK、事前面接無しの一時預かり託児所です

https://mamas-smile.com/

永縁の光 縁の会 光永寺

愛するペットの最期 由緒あるお寺にお任せください

http://www.eien-hikari.com/

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6件

ママを支え80年

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで取り組んでいます

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク