青葉区版 掲載号:2015年2月12日号
  • googleplus
  • LINE

なでしこブランド 「惣菜そぼろ」が選出 市ヶ尾・さくら工房で開発

経済

商品を持つ櫻井さん
商品を持つ櫻井さん
 女性が開発に貢献した商品から、優れたものを認定する県の事業「神奈川なでしこブランド」に1月27日、市ヶ尾町の(株)さくら工房(櫻井友子代表取締役)が選出。青葉区では唯一の認定となった。

 昨年に続き2回目の同事業では、県内から56件の応募があり、16件の商品が認定。認定を受けた商品は「神奈川なでしこブランド」として販売できるほか、県が積極的にPRする。

 (株)さくら工房は、働きながら子育てした経験を持つ櫻井さんが、母親の目線で手作り食品をつくろうと設立した。スタッフ全員が女性で、子育て中の母親らがパート職員として働く。「女性を応援するぴったりの認定事業。神奈川から商品を発信したい」と、自社開発製品を応募した。

 「惣菜そぼろ」は、手作りのそぼろが一般家庭で簡単に食べられるよう、一昨年から1年かけて開発。癒し効果や免疫を高める作用があるとされる鶏の胸肉を使用した「鶏醤油」や、「高野ひじき」「茸山椒」など8種類がある。開発には関東経済産業局の補助金制度を活用し、試作を繰り返して、肉や魚、野菜、海藻などの材料で作り上げた。昨年の7月から、店舗や通信販売会社への卸売を中心に展開し、同社オンラインページ(【URL】http://sakura-kobo.shop-pro.jp/)でも販売している。

 ご飯にかけるほか、料理の食材としても使用できることを意識し、購入後に味付けもできるようにあえて薄味にした。「働くお母さんや会社員、一人暮らしの男性が、ひと手間加えて、簡単に手作りの食事が食べられるようになれば」と櫻井さんは話す。今後は、メーンの鶏味のそぼろを定着させ、種類をさらに充実させたいという。

 2月5日には西区のパシフィコ横浜で認定式も行われ、黒岩祐治知事から認定証が贈られた。

暑中お見舞い申し上げます

メディカルモールたまプラーザ

医院・薬局で地域の健康を総合的に支えます

http://mm-tamapla.com/

伊藤忠紙パルプ株式会社

新しい価値を創造する 新しい形態の紙流通会社

https://www.itcpp.co.jp/

公益社団法人 緑法人会

企業の繁栄と社会貢献を胸に、良き経営者を目指す団体です。

https://midorihoujinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

荏子田・青葉応援団運営委員会

誰かを応援するってなんだかとっても気持ちがいい!!

https://aobaouen.wixsite.com/home

グレースハープ横浜

たまプラーザのハープ教室で、憧れのハープを気軽に体験!

http://yokohama-harp.com/

<PR>

青葉区版のトップニュース最新6件

区内6カ所が不適合

ブロック塀等調査

区内6カ所が不適合

7月26日号

ネットの危険 子どもに 

活動支援センターが移転

青葉区

活動支援センターが移転

7月19日号

区内から義援金を

西日本豪雨

区内から義援金を

7月19日号

ごみ量、年間の11倍に

大災害発生時

ごみ量、年間の11倍に

7月12日号

NHK杯で全国大会へ

元石川高校放送部

NHK杯で全国大会へ

7月12日号

神奈川県議会議員 内田みほこ

震災など災害対策を推進!自転車の保険加入も

http://www.rose-miho.com/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「辛旨(からうま)」を楽しんで

「辛旨(からうま)」を楽しんで

23日〜 藤が丘で汗まつり

7月23日~8月10日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク