青葉区版 掲載号:2015年7月23日号 エリアトップへ

市と東急プロジェクト 美中生が住民取材 まちづくりの担い手育成

社会

掲載号:2015年7月23日号

  • LINE
  • hatena
質問に答える西山さん(右)
質問に答える西山さん(右)

 横浜市と東急電鉄(株)が進める「次世代郊外まちづくり」の地域連携プログラムがこのほどスタート。第一弾として7月18日から3日間、美しが丘中学校の生徒と芸術グループ「アオバアート」の谷山恭子さんが地域住民にインタビューした。

 これは2012年に始まった取り組みで、美しが丘1〜3丁目をモデル地区に、高齢化や老朽化が進む郊外住宅地の再活性化を目指す事業だ。今回のプログラムはこれまでの活動をさらに発展させ、アーティストの谷山さんと同校生徒が連携。たまプラーザに携わってきた人に話を聞き、今後のまちづくりを考えるきっかけを作ろうというものだ。谷山さんは「街の歴史や思いを共有することで幅広く交流できれば」と話す。プログラムを通して次世代の担い手育成を目指すと同時に、地域に関わる多様な組織のまちづくりへの協力体制の構築や、公的資源の有効活用も目指していく。

 18日には多摩田園都市の開発に携わった東急電鉄(株)OBの西山克彦さんが講話し、同校生徒21人が参加。西山さんは美しが丘の住宅地の設計法や住民とともに開発を進めたことを語った。参加した東條円香(まどか)さんは「知らなかったことを聴くことができ、貴重な体験だった」と話した。同社担当者は「街に愛着を持ち次の世代を担ってほしい。今後も企画したい」と話した。

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版のトップニュース最新6

市、夏までに詳細周知

幼児教育・保育無償化

市、夏までに詳細周知 経済

コールセンター開設も

5月23日号

荏田コミハが開館

荏田コミハが開館 社会

 区内9館目 赤田東公園に

5月23日号

生活困窮者の早期支援へ

横浜市

生活困窮者の早期支援へ 社会

全区でネットワーク構築

5月16日号

「歩く」サッカー広めたい

「歩く」サッカー広めたい スポーツ

区内有志ら、体験会を企画

5月16日号

区内でも「令和」を祝福

区内でも「令和」を祝福 文化

特別メニューを提供

5月1日号

めざすはF1レーサー

令和を担う未来人

めざすはF1レーサー 社会

もえぎ野小1年の坂野君

5月1日号

「心臓リハビリ」普及に着手

横浜市

「心臓リハビリ」普及に着手 社会

市内病院中心に体制構築

4月25日号

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク