神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2015年9月10日 エリアトップへ

区民有志グループ 「本のポスト」設置へ 貸し借り自由の新拠点に

文化

公開:2015年9月10日

  • LINE
  • hatena
メンバーと木製のブックポスト
メンバーと木製のブックポスト

 本を気軽に貸し借りできる「ブックポスト」をまちに設置し、住民交流のきっかけにしようと、青葉区民有志が動き出している。8月22日にはさつきが丘の工務店「ウィズの森」による木工教室で本を入れるポスト5個を製作。設置場所を決め、運用を開始する予定だ。

 ポストは、本を「借りる」「もらう」「提供する(貸す)」ことができるのが特徴。設置場所は賛同する個人宅や施設などを想定する。代表の小池由美さんは「使い方の規則はあえて設けず、常識の範囲で活用してもらえれば」と話す。

 11月ごろを目標に、設置場所や本の内容を区内情報のウェブサイト「あおばみん」に掲載する準備を進めていく。サイトで感想の投稿もできるようにするほか、本に感想を書き込める紙を張り、次の人が共有できる仕組みも検討する。

「地域でつながりを」

 約10人のメンバーによる活動の通称は「どこでも図書館MOSO(モーソー)プロジェクト」。読んでよかった本を気軽に共有できる場をつくりたい、というメンバーらの「妄想」が語源になっている。小池さんは「本があれば人が集まり、会話も生まれる。人と人をつなげるツールにしたい」と、狙いを語る。

 活動のきっかけは、人や本をテーマにした今年2月のフォーラムで、地域で気軽に本を借りられる「どこでも図書館」が話題にあがったこと。継続して形にしようと、6月に参加者有志でグループを結成した。米国の先例や、全国各地で「まちライブラリー」を提唱する礒井純充さんの活動を参考に取り組む。

 ポストを設置することにした奈良町の地域交流施設「街の家族」の小笠原弘さんは「このような場があれば、子どもたちがスマホと離れて本に触れる機会にもなるのでは」と話す。ポストはこのほか、鴨志田郵便局などにも設置予定。小池さんは「仲間の募集や、使い方の周知もしていきたい。青葉区内から市内に広めていければ」と展望を語った。
 

青葉区版のトップニュース最新6

創部45周年祝う

FCすすき野レディース

創部45周年祝う

吉村代表 節目に卒団

6月13日

「まちbizあおば」が10周年

「まちbizあおば」が10周年

記念パーティーに山中市長ら

6月13日

歴史を歩くガイド完成

青葉区

歴史を歩くガイド完成

寺社・史跡を巡る7コース

6月6日

「健診未受診」に不安の声

市立小中校の不登校者増

「健診未受診」に不安の声

市、他事例調査し取組検討

6月6日

狙うは初代グランプリ

横浜こども屋台選手権

狙うは初代グランプリ

青葉区3チームがエントリー

5月30日

つながる事業で表彰

NPO法人森ノオト

つながる事業で表彰

横浜・人・まち・デザイン賞

5月30日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「白内障や緑内障以外で60代以降に多い目の病気」 コラム【35】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    6月13日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook