青葉区版 掲載号:2015年9月17日号 エリアトップへ

たまプラ住民ら 街頭でダンスイベント 200人参加し11月開催へ

文化

掲載号:2015年9月17日号

  • LINE
  • hatena
オリジナルダンスを練習する参加者
オリジナルダンスを練習する参加者

 たまプラーザの住民らによる集団パフォーマンス「まちなかパフォーマンス」が規模を拡大し、準備が進んでいる。3回目の今回は約200人規模の予定で、11月28日の美しが丘公園ペアツリーの点灯式に合わせた本番に向け、参加者は練習を重ねている。

今回のパフォーマンスはストーリー仕立てで、さまざまな国の民族舞踊と音楽で構成。文化が交ざり合い、新たな文化を生み出すイメージから、米ニューオリンズの伝統料理、ごった煮を意味する「ガンボ」と名付けられた。

 プロジェクトには、ダンス指導等で地域内外を含む専門の6団体・個人が協力。全員で踊るたまプラーザオリジナルのダンスでは、役者で美しが丘在住のスガマサミさんが指導し、振付も行った。スガさんは一昨年に家族が参加したことがきっかけで昨年から協力。「参加後、地域で声をかけてもらうことも増えた」という。

 このほかパラグアイ出身で美しが丘在住のアルパ奏者、エンリケ・カレーラさんらが協力する同国の「ボトルダンス」や、東欧少数民族の舞踊「タタロチカ」等も披露される予定だ。

 主催は「『たまプラー座だよ!全員集合!』まちなかパフォーマンス プロジェクト」。主婦の林月子(つきこ)さんが、一昨年にゼロから前身を立ち上げた。横浜市と東急電鉄が取り組む「次世代郊外まちづくり」のワークショップに参加し、「(公共の場で突如パフォーマンスを行う)フラッシュモブを地元でやりたい」と企画したのがきっかけ。同年に同プロジェクトの認定を受けて約150人でフラッシュモブを実施した。「大人も子どもも成長し合えたと感じた。住民同士のこのつながりを続けたいという参加者の思いから、活動が続いている」と語る。ダンス参加者は9月13日時点で約130人が集まり、現在も募集を続けている。詳細はウェブサイト(【URL】https://www.facebook.com/tamaplaza)。
 

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版のトップニュース最新6

市、夏までに詳細周知

幼児教育・保育無償化

市、夏までに詳細周知 経済

コールセンター開設も

5月23日号

荏田コミハが開館

荏田コミハが開館 社会

 区内9館目 赤田東公園に

5月23日号

生活困窮者の早期支援へ

横浜市

生活困窮者の早期支援へ 社会

全区でネットワーク構築

5月16日号

「歩く」サッカー広めたい

「歩く」サッカー広めたい スポーツ

区内有志ら、体験会を企画

5月16日号

区内でも「令和」を祝福

区内でも「令和」を祝福 文化

特別メニューを提供

5月1日号

めざすはF1レーサー

令和を担う未来人

めざすはF1レーサー 社会

もえぎ野小1年の坂野君

5月1日号

「心臓リハビリ」普及に着手

横浜市

「心臓リハビリ」普及に着手 社会

市内病院中心に体制構築

4月25日号

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク