神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2015年11月26日 エリアトップへ

市都市計画案 53haが市街化区域へ 恩田町など、人口増見込む

社会

公開:2015年11月26日

  • LINE
  • hatena

 横浜らしくコンパクトで持続的な市街地形成を目指し、横浜市は都市計画の基本となる市内18区の「市街化区域」と「市街化調整区域」の線引きを見直した「都市計画市素案(案)」を、10月に発表した。青葉区内は、約53ヘクタール(ha=0・53平方キロメートル)が市街化区域への編入候補に挙げられている。

 都市計画市素案(案)では、住宅地や商業地、工業地、道路を計画的に開発する「市街化区域」と緑地などを守るために開発を抑制する「市街化調整区域」を指定し、バランスのとれた都市を目指す。

 発表した素案(案)は12月14日まで、市建築局都市計画課のホームページや青葉区区政推進課などで閲覧することができる。

住宅地化の実情反映

 青葉区は現在、面積約3518ha(35・18平方キロメートル)のうち市街化区域が約2549haで、市街化調整区域が約969haとなっている。

 今回の案では、区内で新たに市街化区域へと編入される約53 haのうち、ほとんどのエリアは住居地域に指定される。人口集中地区内を基本とし、今後の人口増も見据えて見直しを行った。市都市整備局の担当者は「選ばれた区域の多くはすでに住宅地化が進んでいるため、実情を反映して編入する必要がある」としている。編入することのメリットについては「市街地化が進むことで郊外部とまちの一体化が強化されること」と話す。住居地域以外では、東急電鉄長津田車輌工場(恩田町704)の改修に合わせ、約5・8haを準工業地域にするという。

 19日に青葉公会堂で行われた説明会には、区民ら約50人が参加。市職員の全体説明後に実施された質疑応答では「周知不足ではないか」「意見募集の期間が短すぎる」といった意見が挙がっていた。編入候補に挙がっている恩田町の久保田実恩田連合自治会長は「税金などの負担も変化するため、住民一人ひとりの問題。もう少していねいに周知、説明をしてほしかった」と話している。

 市は案に対する市民意見の募集を12月14日まで受け付け、それらの意見を反映した内容を都市計画素案としてまとめる。説明会や公聴会を行った上で、2017年度に都市計画変更を告示する予定だ。

青葉区版のトップニュース最新6

20周年 祝う準備着々

ママさんブラスはまぴよ隊

20周年 祝う準備着々

6月30日 記念コンサート

6月20日

夏休みに昼食提供へ

学童キッズクラブ

夏休みに昼食提供へ

保護者の負担軽減に

6月20日

創部45周年祝う

FCすすき野レディース

創部45周年祝う

吉村代表 節目に卒団

6月13日

「まちbizあおば」が10周年

「まちbizあおば」が10周年

記念パーティーに山中市長ら

6月13日

歴史を歩くガイド完成

青葉区

歴史を歩くガイド完成

寺社・史跡を巡る7コース

6月6日

「健診未受診」に不安の声

市立小中校の不登校者増

「健診未受診」に不安の声

市、他事例調査し取組検討

6月6日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「白内障や緑内障以外で60代以降に多い目の病気」 コラム【35】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    6月13日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook