青葉区版 掲載号:2016年1月21日号 エリアトップへ

藤が丘商店会 「商店街大賞」で特別賞 講座や独自企画が評価

社会

掲載号:2016年1月21日号

  • LINE
  • hatena
賞状を手にする佐々木会長と商店会メンバー
賞状を手にする佐々木会長と商店会メンバー

 藤が丘商店会(佐々木恵美子会長)が、第4回「かながわ商店街大賞」の特別賞を受賞した。県内の商店街の優れた取り組みを表彰するもので、継続的な講座や店舗を巡る独自イベントの企画が評価された。

 かながわ商店街大賞は、神奈川県や(公社)商連かながわなど県内の経済団体からなる同実行委員会が主催。商店街の取り組みを表彰、紹介することでその魅力を広め、商店街全体の活性化を目指している。2013年から行われており、今回は応募17団体から大賞に神奈川区の六角橋商店街連合会、準大賞に川崎市の平間銀座商店街振興組合が選出。藤が丘商店会は座間市の「みどりとさくらの街さがみ野」とともに特別賞に選ばれた。

 藤が丘商店会は1973年に発足し、現在は藤が丘駅周辺の商店会70店舗が加盟している。「個店の持つ魅力を伝え、店主と住民の顔の見える機会を」と、独自の取り組みを展開。12年からは「藤・カルチャー・カフェ(FCC)」として商店主らが講師となって行うミニ講座を継続している。時計店店主による時計作りや、酒店とそば店共催の「昼酒を楽しむ会」など各店の特長を生かし、趣向を凝らした企画で店舗に足を運ぶ機会を創出。また14年からは「汁まつり」も開催。飲食店の汁物メニューを食べ歩くスタンプラリーという独自のイベントで、商店会の活性を図っている。主催者からは「商店が点在するタイプの商店街の模範になる」と評価された。

 佐々木会長は「このような賞をいただけたことは大変名誉で、今までの苦労が報われた思い。これからの商店会活動にも、より力を入れて取り組んでいきたい」と笑顔をみせた。

青葉区版のトップニュース最新6

"学校版クラファン"開始

元石川高校

"学校版クラファン"開始 教育

県のまなびや基金を活用

5月13日号

道路損傷 LINEで通報

横浜市

道路損傷 LINEで通報 社会

市民投稿で迅速対応へ

5月13日号

設置8割超も課題

住宅用火災警報器

設置8割超も課題 社会

義務化10年、現状は

5月7日号

17日から集団接種

青葉区

17日から集団接種 社会

新型コロナワクチン

5月7日号

危険なバス停20カ所

青葉区内

危険なバス停20カ所 社会

事業者中心に対策検討

4月29日号

開始注文率20%に

横浜市給食

開始注文率20%に 教育

ハマ弁から移行で倍増

4月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter