青葉区版 掲載号:2016年1月21日号 エリアトップへ

地域福祉保健計画 住民・団体の声反映 4月に運用開始へ

政治

掲載号:2016年1月21日号

  • LINE
  • hatena
1月の策定委員会=区提供
1月の策定委員会=区提供

 住民や地域団体と話し合いを重ね、区が方針をまとめる「青葉区地域福祉保健計画」の第3期計画が4月から運用される。障害者団体やPTA等地元団体の声も反映し、2項目の柱が定められた。

 「地域福祉保健計画」とは、住民・事業者・公的機関が地域の課題解決に協働で取り組み、支え合いの仕組みづくりを推進するために策定する計画。横浜市では各区で5年ごとに、地域の意見を反映させながら策定している。

 青葉区の計画は区全体の計画と地区別計画で構成。第3期計画は2016年4月から5年間にあたる。

 今期の特徴は「次世代に継承する『地域のつながり』のあるまち」と「誰もが安心して暮らせるまち」が目指すべき柱に据えられている点。区や区社会福祉協議会、地域ケアプラザが14年度から実施してきた地区別意見交換会やグループインタビューから見えてきたテーマを反映させた。計画は昨年の区民意識調査も参考にされている。

 意見交換会は全15地区で実施し、約300人が参加した。グループインタビューは障害児の保護者からなる訓練会や、当事者団体など障害者団体と5回実施し、19団体が参加。PTAとも行ったほか、中学生のアンケートや区民から計画の意見募集も実施した。

 「活動を次世代にどう継承していくか」「障害者が外に出ていく場や機会を増やしたい」「異世代のつながりを大切にしたい」といった意見が上がったという。これらを踏まえ、今期計画では、地域福祉保健の担い手の育成・活用や、高齢者・障害者の暮らし支援など、6つの視点を新たに示した。

 住民自身ができる取り組みも示される予定で、区福祉保健課は「ご近所の声掛けなど、日常的な行動も『福祉』。アクションプランとして指針になれば」としている。計画案は今月13日、区内各種団体から構成される策定委員会で承認。2月に策定される見通しだ。山川英子委員長は「策定後もできるだけ委員会を継続し、進ちょく報告などを行う。地域の役に立てる場にしていければ」と話す。

青葉区版のトップニュース最新6

"学校版クラファン"開始

元石川高校

"学校版クラファン"開始 教育

県のまなびや基金を活用

5月13日号

道路損傷 LINEで通報

横浜市

道路損傷 LINEで通報 社会

市民投稿で迅速対応へ

5月13日号

設置8割超も課題

住宅用火災警報器

設置8割超も課題 社会

義務化10年、現状は

5月7日号

17日から集団接種

青葉区

17日から集団接種 社会

新型コロナワクチン

5月7日号

危険なバス停20カ所

青葉区内

危険なバス停20カ所 社会

事業者中心に対策検討

4月29日号

開始注文率20%に

横浜市給食

開始注文率20%に 教育

ハマ弁から移行で倍増

4月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter