神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2022年7月7日 エリアトップへ

青葉区・桐蔭学園 認知症に関する調査開始 対面と郵送で

社会

公開:2022年7月7日

  • X
  • LINE
  • hatena
片足立ちをする参加者
片足立ちをする参加者

 荏田地域ケアプラザで6月29日、「こころと身体の健康調査」が行われた。認知症リスクに関する分析を目的に、青葉区役所と学校法人桐蔭学園が共同で実施しているもの。9月下旬まで区内地域ケアプラザ9カ所で1日ずつ実施するほか、3000人を対象とした郵送アンケート調査と合わせて、認知症リスク低減施策につなげていく。



 ケアプラザで行う調査は、早期認知機能低下を評価する認知機能チェックと、認知症と相関があると言われている運動機能のチェック、生活の様子などを尋ねる社会生活態度アンケートの3種。8月には社会生活態度アンケートを区民3000人に郵送する予定で、今回の対面調査と郵送調査を元に結果をまとめる。調査対象は40歳から79歳までと中年期を含んでいることが特徴で、認知症の早期発見や治療のほか、リスク低減に向けた施策に生かす予定だ。

学生も調査に参加

 区内で最初に行われた荏田地域ケアプラザでの調査には、利用者など17人が参加。アンケート回答のほか、運動機能チェックとして椅子立ち上がりテストや開眼片脚立ちなどで筋力やバランス能力評価などが行われた。調査には桐蔭横浜大学の学生が参加したほか、同大学スポーツ健康政策学部の尾山裕介専任講師が認知機能の低下を予防する運動も紹介。ウオーキング時は速い速度よりも広い歩幅を意識すると良いなどのアドバイスもあった。

 調査に立ち会った桐蔭学園の溝上慎一理事長は認知症は身体を動かし、頭を使っていた方がリスクを減らせると説明。その上で人に会うことと、1週先など未来の予定を立てることは頭を使う行動として推奨していた。

あいさつする溝上理事長
あいさつする溝上理事長

青葉区版のトップニュース最新6

飯田敬会長に交通栄誉章

飯田敬会長に交通栄誉章

横浜美大も優良学校表彰

2月22日

自作神輿(みこし)で「わっしょい」

山内小6年3組

自作神輿(みこし)で「わっしょい」

地域と企業の協力で完成

2月22日

部活動指導者を養成

桐蔭横浜大学

部活動指導者を養成

県・スポーツ協会と連携

2月15日

能登半島地震受け再編成

横浜市予算案

能登半島地震受け再編成

地震防災対策を強化

2月15日

高齢者の生きがいに

65歳からのアートライフ

高齢者の生きがいに

コンサート続け20年

2月8日

出産費最大9万円を助成

横浜市予算案

出産費最大9万円を助成

子育て支援強化へ

2月8日

老人ホーム選びはプロにお任せ!

お客様に選ばれて25年以上。ご相談無料、年中無休。ご相談はフリーダイヤル0120-57-5950へ!

https://minkai.jp

買取おりづる横浜青葉店 買取強化キャンペーン

ブランド品、金・プラチナの買取金額30%アップ!切手最大90%で買取中!

https://oriduru-shop.jp/yokohama-aoba/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

  • 1月19日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    コラム㊹専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

    『緑内障の気があると言われましたが、どういうことでしょうか?』

    2月22日

  • 教えて!職人さん

    教えて!職人さん

    vol.8 なぜ塗装業者選びに悩むの?

    2月22日

  • 実りに繋げる学校現場の実践

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」㉛

    実りに繋げる学校現場の実践

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    2月22日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook