神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2024年3月14日 エリアトップへ

認知症新薬レカネマブ 横浜総合病院で投与開始 市内医療施設で唯一

社会

公開:2024年3月14日

  • X
  • LINE
  • hatena
レカネマブ治療にあたる横浜総合病院脳神経内科の山崎部長
レカネマブ治療にあたる横浜総合病院脳神経内科の山崎部長

 製薬大手のエーザイ(株)などが開発したアルツハイマー病の新たな治療薬「レカネマブ」の投与が、2月26日から横浜総合病院(平元周院長/鉄町)で始まった。昨年12月に保険適用になり、全国的に投与が進む新薬「レカネマブ」。しかし、横浜市内で同薬による治療に着手しているのは横浜総合病院のみとなっている。

 横浜総合病院で治療にあたる脳神経内科の山崎貴史部長によれば、レカネマブは病気の原因物質と言われるタンパク質「アミロイドベータ」を除去することで、アルツハイマー病の進行を遅らせるとされている。

 ただし、軽度の認知症とその前段階である軽度認知障害(MCI)の人のみが対象。投与できるのは、脳内の画像を撮影するPET検査やMRIなどの必要な検査および管理が実施可能な医療施設か、連携する医療施設に限られる。

 「高度な検査ができる医療施設は多くない。さらに稀ではあるが副作用の報告もあり、病院として治療をスタートさせる判断が難しいのでは」と山崎部長は話す。

 また、アルツハイマー病の治療などに関する十分な知識と経験を持ち、レカネマブのリスク等について管理・説明ができる医師の下でという条件もあり、市内では横浜総合病院のみとなっているのが現状のようだ。

 山崎部長は「病院にとっては人員を割かれる上にリスクもあり、利益は出ない。現実的に見れば割に合わない治療」としながらも、「それでも導入したのは、横浜市内で治療を希望する患者さんに対しての社会的使命」と語る。これまでの治療薬に比べて進行を遅らせる効果が期待できること、さらに軽度認知障害が対象になっている意義も大きいという。

 ただし、体重50kgの人をモデルケースとした標準薬価は年約298万円。点滴を2週間に1度、原則1年半続ける必要があるなど、費用対効果を疑問視する声もある。それでも「対象者の選択肢が増えたのは有意義だと思う」と山崎部長は話している。

春の大感謝祭開催中

5月23日(木)2部開催!第3回LIVEコマース配信!最大20%OFFのお得市

https://www.pcjungle.jp/fs/usedpc/c/pcjspth

<PR>

青葉区版のトップニュース最新6

救急要請を“予防”

横浜市消防局

救急要請を“予防”

出場件数急増に危機感

5月16日

60回大会 33チームが熱戦

ティーボール野球の集い

60回大会 33チームが熱戦

優勝は横浜青葉リトルY

5月16日

青葉で「なんでも鑑定団」

区制30周年記念事業

青葉で「なんでも鑑定団」

「お宝」と観覧者を募集中

5月9日

耐震適合率は7割

横浜市主要水道管

耐震適合率は7割

国の調査、全国平均超え

5月9日

公立小で環境出前授業

桐蔭学園

公立小で環境出前授業

区と協定、区内全校で

5月2日

子育てに「ゆとり」創出

山中市長インタビュー

子育てに「ゆとり」創出

直接支援で実感へ

5月2日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「白内障手術と同時でないとできない治療」 コラム【34】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    5月9日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook