神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2024年3月28日 エリアトップへ

コラム㊺専門医が分かりやすく解説 目のお悩みQ&A 『網膜剝離と診断されましたが、どんな治療が必要になるのでしょうか?』

公開:2024年3月28日

  • X
  • LINE
  • hatena

 網膜剥離も原因によりいくつかのタイプがありますが、よく問題となるのは網膜に穴があき、そこから網膜の下に水が入り込むことで網膜が剥がれてきてしまう「裂孔原性網膜剥離」です。

 網膜に穴ができただけで網膜が剥がれていない「網膜裂孔」や、網膜が剥がれていても範囲が狭い場合には、進展を食い止めるためにレーザー治療を行います。ただ、レーザーは必ず進展を抑えられるものではなく、網膜の剥がれる勢いが強いと網膜剥離が拡大することもあります。

 レーザー治療をしても進んでしまった場合や、受診時に既に広く網膜が剥がれている場合には外科的な手術が必要です。網膜の穴の数や大きさ、位置や硝子体や白内障の状態などにより眼球の外側から当て物で穴を塞ぐ「バックリング手術」と、眼の内側から硝子体を取ることで網膜を元に戻す「硝子体手術」があります。網膜剥離が起こりやすいのは20代と50〜60代ですが、若年ではバックリング、高齢は硝子体手術となることが多いです。手術は1回で治ることも多いですが、再発や視力障害が残ることもあります。

 網膜剥離の症状は光視症と飛蚊症、その後の視野欠損ですが、網膜剥離が進み、黄斑が剥がれた状態が続くと、視力の回復が難しく、手術も難渋するようになりますので、初期の受診と適切な治療が大切です。

■たまプラーザやまぐち眼科/青葉区新石川3の14の14/【電話】045・913・0333/https://tamaplaza-eyeclinic.com

永代供養・合祀墓は4万円から

納骨にお困りの方「眞宗寺」の永代供養墓は後々の費用なし、生前申込・改葬代行

044-965-0965

<PR>

青葉区版のコラム最新6

悠先生のちょっと気になる目のはなし

「緑内障で併用してはいけない薬について」 コラム【33】

悠先生のちょっと気になる目のはなし

4月11日

目のお悩みQ&A

コラム㊺専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

『網膜剝離と診断されましたが、どんな治療が必要になるのでしょうか?』

3月28日

おばあちゃん先生の子育てコラム

おばあちゃん先生の子育てコラム

第43回 「一人で悩まず、一緒に子育てしていきます」

3月28日

教えて!職人さん

教えて!職人さん

vol.9 塗装業も歯科医も「専門家」を選ぼう

3月21日

悠先生のちょっと気になる目のはなし

「花粉症?春先に目が痒くなる、対処法は?」 コラム【32】

悠先生のちょっと気になる目のはなし

3月14日

おばあちゃん先生の子育てコラム

おばあちゃん先生の子育てコラム

第42回「そうだったんだネ」と共感

2月29日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

  • 1月19日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「緑内障で併用してはいけない薬について」 コラム【33】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    4月11日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook