南区版 掲載号:2014年2月27日号 エリアトップへ

若年女性 支援講座後、半数が就労 フォーラム南太田 修了者を追跡調査

社会

掲載号:2014年2月27日号

  • LINE
  • hatena

 市民活動を支援する施設「フォーラム南太田」などが2009年から行っている若者無業女性の支援事業を受けた人の追跡調査結果が2月23日に公表され、講座修了者の約半数が現在、何らかの仕事に就いていることが分かった。

 同所は、対人関係や体調の問題から働きづらさに悩む女性の就労を支援しようと、09年から「ガールズ講座」を開始。受講者は働くために必要なパソコンの知識を学ぶなどの講座を週3回、計11日間受けてきた。これまでに10期、214人が受講。調査は昨年8月から11月に、8期までの修了者ら163人を対象に行われ、62人から回答を得た。回答時の平均年齢は30歳。

同じ立場を共感

 結果によると、回答者の半数以上が受講後に「同じ立場の人と知り合い、話すことが励みになった」という。7割が就労相談や支援機関に行ったとし、6割が収入のある仕事や活動をしていた。回答時点で就労していたのは47%。6割以上がアルバイトや派遣、契約社員としての雇用だった。

 同所を運営する市男女共同参画推進協会は、7割が相談行動をとったことを「次につながるきっかけになった」と分析。約半数が現在も就労していることは「多いと思う」と評価。しかし、受講後に次のステップを踏み出せない人も多く、「個別相談や支援機関への橋渡しなどのフォローが必要」と課題を挙げた。調査では、高校中退者がその後の就労に苦労しているケースが多いことも分かり、新しい取り組みが必要との認識を示した。

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版のローカルニュース最新6

小野リサさん公演

小野リサさん公演 文化

8月20日 秦野でボサノバの調べ

6月30日号

まち普請審査市役所で公開

期日前投票所は区役所と図書館

災害時協力 市と協定

市仏教会

災害時協力 市と協定 社会

境内を避難所などに提供

6月30日号

区民の健康を守る

南区役所幹部に聞く

区民の健康を守る 社会

〈2〉木村博和 福祉保健センター長

6月30日号

夏の横浜 熱い戦い

全日本プロレス

夏の横浜 熱い戦い スポーツ

7月9日 長者町で大会

6月30日号

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

夏の横浜 熱い戦い

全日本プロレス

夏の横浜 熱い戦い

7月9日 長者町で大会

7月9日~7月9日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook