南区版 掲載号:2015年4月30日号 エリアトップへ

歴代香山の作品比較 眞葛記念館で企画展

文化

掲載号:2015年4月30日号

  • LINE
  • hatena
初代香山の作品(右)と二代香山の作品
初代香山の作品(右)と二代香山の作品

 明治初期に現在の南区庚台に窯場があった眞葛焼を展示する「宮川香山眞葛ミュージアム」=神奈川区=で企画展「歴代宮川香山の眞葛焼」が行われている。

 眞葛焼は京都・眞葛ヶ原の焼き物作家・宮川香山の作品。香山は輸出向けの陶磁器を製造するために1871(明治4)年、現在の庚台6番地にあたる太田村字富士山下に窯を開いた。

 独特の作品が評価され、世界各地の万国博覧会などで受賞を重ねた。1916年の没後、子や孫が香山の名前を継いだが、45年の横浜大空襲で窯が壊滅的な被害を受けたこともあり、香山の作品は途絶えている。

 企画展では、初代、二代、三代の香山の作品が比較できるように展示されている。

太田小に寄贈

 同ミュージアムの山本博士館長は3月、太田小学校に眞葛焼の花瓶を寄贈している。眞葛焼について学習していた昨年度の4年生が挑戦した「太田チャレンジ焼」も展示されている。

 同ミュージアムは横浜駅東口のベイクォーターそば。開館は土、日曜日のみ(連休中も同様)。午前10時から午後4時。入館料は大人500円、中高生200円。小学生以下無料。問い合わせは同ミュージアム【電話】045・534・6853。

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版のローカルニュース最新6

F・マリノス V王手

J1リーグ

F・マリノス V王手 スポーツ

7日最終戦 15年ぶり戴冠へ

12月5日号

歴史と文化を堪能

歴史と文化を堪能 文化

永田地区セン祭りに1千人

12月5日号

働き方改革 厚労省が視察

働き方改革 厚労省が視察 経済

井土ヶ谷・向洋電機を訪問

12月5日号

横浜橋抽選会で旅行券5万円も

経営者懇話会の世話人に石田氏

経営者懇話会の世話人に石田氏 社会

関東学院大燦葉会

12月5日号

2020年を展望

2020年を展望 社会

寺島実郎さん講演会

12月5日号

地域のつながり7つの取組紹介

地域のつながり7つの取組紹介 社会

区が情報誌作成

12月5日号

あっとほーむデスク

  • 12月7日16:00更新

  • 12月5日0:00更新

  • 11月28日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク