南区版 掲載号:2015年9月10日号 エリアトップへ

中学吹奏楽コンクール 蒔田・南が東関東大会へ 2校出場は市内唯一

教育

掲載号:2015年9月10日号

  • LINE
  • hatena
合同練習に取り組む蒔中生
合同練習に取り組む蒔中生

 市立蒔田中学校(木村悦雄校長)と南中学校(西嘉之校長)の吹奏楽部が9月19日に横須賀市で行われる東関東吹奏楽コンクールに出場する。県大会で上位に入り、2校以上が出場するのは市内18区で南区だけ。

 2校は35校が出場した8月の県コンクールで30人以内で演奏するB部門に出場。金賞を受賞し、東関東大会代表に選出された。市内では7校が代表に選ばれたが、1区から2校以上が出場するのは南区だけ。

豊かな表現力で初出場

 蒔田中吹奏楽部には39人が所属。県コンクールは過去4年連続で銅賞だったが、速いテンポが特徴の「典礼舞曲」を表現力豊かに演奏し、同部史上初の東関東大会行きを決めた。副部長の大澤陽菜子さん(3年)は、「先輩たちの成績を超えることができ嬉しかった」と快挙の瞬間を振り返る。

 現在は2つ以上のパートが一緒に音を合わせ、協調力を高める練習に取り組む。顧問の斉藤純教諭は「ひたむきに努力する部員が多い」と向上心を評価。部長の千葉光希さん(同)は、「リズムを取ることが難しい曲。これまで以上にチームワークを大切にして演奏したい」と抱負を語る。

19年ぶりの挑戦

 部員数57人の南中吹奏楽部は1996年以来、19年ぶりの東関東大会出場を決めた。県コンクールを振り返り、副部長の前田春香さん(3年)は「(金賞は)信じられなかった」という。

 演奏曲はアメリカンジャズの「クァルテット」で、弾むようなリズムを刻むのが特徴。同部は楽器本来の音を確実に出す練習に重点を置いており、顧問の有賀圭一教諭は、「基本的なことに長く取り組んできた。音の質が上がったと思う」と生徒の成長を喜ぶ。

 19年前の東関東大会は銀賞。部長の近藤万由子さん(同)は「練習への意識を上げてさらなる高みを目指したい」と力を込める。

 両校は今年3月に南公会堂で行われた発表会で共演。一緒に練習を行うこともあり、互いの活躍が良い刺激になっているという。

 9月19日に行われる東関東大会には千葉、茨城、栃木などの代表35校が出場。上位の評価を受けると、次のステージとなる東日本大会に進む。

音出しに重点を置く南中生
音出しに重点を置く南中生

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版のトップニュース最新6

酒米食べてロス削減

中学校給食

酒米食べてロス削減 教育

生徒、地産地消を体感

10月21日号

65歳以上の約9割完了

ワクチン接種

65歳以上の約9割完了 社会

会場縮小へ、3回目計画も

10月21日号

小児がん家族の支援拡大

こども医療センター

小児がん家族の支援拡大 社会

医師らの善意団体奮闘

10月14日号

プレミアム商品券を販売

弘明寺横浜橋通

プレミアム商品券を販売 経済

両商店街が16日に

10月14日号

サーフィン全国大会へ

永田東竹花さん

サーフィン全国大会へ スポーツ

難聴に負けず、9日決戦

10月7日号

大通り公園清掃で連携

横浜橋通商店街

大通り公園清掃で連携 コミュニティ社会

愛護会初企画に参加

10月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    10月22日17:24更新

  • 10月14日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    10月4日19:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook