南区版 掲載号:2016年5月26日号 エリアトップへ

Y校生 大空襲調べ平和つなぐ 体験者の思い、次世代へ

教育

掲載号:2016年5月26日号

  • LINE
  • hatena
金子さん(左)の話を聞くY校生
金子さん(左)の話を聞くY校生

 1945年5月29日に発生した横浜大空襲を語り継ごうと活動する横浜商業高校の生徒が中心の団体「NGOグローカリー」が5月20日、地元の空襲体験者に当時の様子などを聞いた。生徒は空襲の傷跡が残る場所を歩くなどして調査を進めており、28日に市内で行われる「平和のための戦争展」で報告する。

 「NGOグローカリー」は2014年まで横浜商業高校の部活動だった「グローカリー部」の意思を受け継ぐ生徒の有志団体。同部顧問を務めた鈴木晶教諭(現・横浜サイエンスフロンティア高教諭)が指導し、Y校生11人が所属する。

 同団体は南区で空襲の被害が大きかったとされる場所に足を運ぶなどしている。西中町の普門院では、爆撃の高熱にさらされて割れた石碑などを見学した。副部長の阿部陽花里さん(2年)は、「体験していない高校生だからこそ感じられることもあると思う」と話す。

米軍機炎上を調査

 Y校がある南太田2丁目には、戦時中に米軍機が墜落・炎上した記録がある。生徒は4年前から周辺住民への聞き込みなどを行うプロジェクトを進めてきた。

 取り組みを知った永田北在住の金子順一さん(84)は、自分が見た当時の様子を伝えようと5月20日、米軍機が墜落したとされる場所で生徒や鈴木教諭と対面。金子さんは、米軍機が高射砲から放たれた砲弾を受けて炎上し、空中分解した破片が南太田2丁目周辺に飛び散ったという71年前の様子を生徒に話した。

 脱出した米兵のパラシュートは木に掛かり、憲兵隊に降ろされて激しい暴行を受けていたという。金子さんは「米兵の恐怖で震えた表情が忘れられない」と語った。車塚蘭さん(3年)は「近くで起きたことを深く知ることができた。(金子さんの)思いも一緒に伝えていけたら」と話した。

 NGOグローカリーは5月28日から5日間、かながわ県民センター=神奈川区=で開催される「平和のための戦争展」の初日に調査報告を行う。主催者や他校高校生の講演・報告もある。午後1時30分から4時まで(Y校生の報告は3時頃)。

<PR>

南区版のトップニュース最新6

市、商店街の発行支援へ

プレミアム付き商品券

市、商店街の発行支援へ 経済

助成金で消費喚起図る

4月15日号

「外国人指導チーム」発足

南消防団

「外国人指導チーム」発足 社会

市内初、日中韓合同で

4月15日号

共有調理場で飲食店応援

南太田

共有調理場で飲食店応援 経済

製造・販売後押し

4月8日号

南区人口 ほぼ横ばい

南区人口 ほぼ横ばい 社会

市、国勢調査の結果発表

4月8日号

「小学生にマーチングを」

「小学生にマーチングを」 教育

教員、バンド設立資金募る

4月1日号

コロナ相談 委託で強化

2021年度南区予算案

コロナ相談 委託で強化 社会

感染症対策に重点

4月1日号

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

http://www.nitta-m.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    4月14日20:48更新

  • あっとほーむデスク

    4月11日22:09更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter