南区版 掲載号:2016年6月23日号 エリアトップへ

横浜商業ボート部 女子2種目で関東準Ⅴ インターハイへ照準

スポーツ

掲載号:2016年6月23日号

  • LINE
  • hatena
(左から)新井さん、大橋さん、関さん、家根田さん、佐々木さん
(左から)新井さん、大橋さん、関さん、家根田さん、佐々木さん

 市立横浜商業高校(冨地正博校長)ボート部の女子選手が6月5日まで相模湖で行われた関東大会に出場し「クォドルプル」「ダブルスカル」の2種目で準優勝した。同部は両種目と男子の1種目で7月下旬から行われる高校総体出場が決まっており、現在は練習拠点の大岡川で頂点を目指した練習に励む。

 「クォドルプル」はボートを漕ぐ4人とバランス良く漕ぐための指示などを出す「コックス」が乗り、5人1組で1千mの距離を争う。コックスは新井麻央奈さんが務め、大橋梨乃さん、家根田朋美さん、佐々木遥香さん(いずれも3年)、関夏樹さん(2年)の4人が漕手で出場した。

 予選レースを2位で突破すると、決勝は昨年の高校総体(インターハイ)同種目で優勝した埼玉県の南稜高校に続き、2位でフィニッシュした。

 漕ぎ手の4人は3月の全国大会で7位の実績がある。優勝が目標だったという大橋さんは、「精一杯やったが悔しい結果になった」と振り返り、高校総体での雪辱を誓った。

 2人1組で出場する「ダブルスカル」には、ペアを組んで約4カ月という柴田寿音さん、黒沼実生さんの2年生コンビが出場。経験を積むことを目的に臨んだ大会で積極的なレースを展開し、2位に入った。

 柴田さんは、「2年生だけで出場するのは初めてだった。準優勝には驚いた」と喜んだ。

課題克服し頂点へ

 ボート部は創部120年の歴史を持つ。昨年は「男子クォドルプル」で日本一に肉薄するなど、2年連続で高校総体ベスト3に入る選手を輩出。今年は関東準Ⅴの女子2種目のほか、男子の1人乗り種目で高校総体出場を決めている。

 普段は大岡川で練習を重ねる同部。「レース前半の先行力」をチーム全体の課題に掲げており、現在はスタートからピッチを上げるトレーニングに重点を置いているという。

 顧問の河野敬之教諭は、「選手の『全国の舞台で勝つ』という目標は揺らいでいない」と高校総体に照準を定めた。
 

柴田さん(左)と黒沼さん
柴田さん(左)と黒沼さん

南区版のトップニュース最新6

英国五輪のPR法学ぶ

Y校生

英国五輪のPR法学ぶ 教育

広報責任者とビデオ会議

11月26日号

高齢者に電話機貸し出し

南区

高齢者に電話機貸し出し 社会

詐欺被害抑止へ新対策

11月26日号

外国人避難誘導 初の訓練

外国人避難誘導 初の訓練 社会

南消防署、中・英語で伝達

11月19日号

シールで「詐欺撃退」を

シールで「詐欺撃退」を 社会

金融機関、南署らと連携

11月19日号

文化祭作品 コミハで公開

南が丘中

文化祭作品 コミハで公開 コミュニティ教育

外部発信の機会創出

11月12日号

跡地に市大病院再整備へ

米軍根岸住宅地区

跡地に市大病院再整備へ 社会

市、構想案への意見募る

11月12日号

バラエティ企画に挑戦中!

馬車道発横浜アイドル「ポニカロード」のYouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCdkYHiFJx4AeV-c_CkBc9FA

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

  • 新型コロナに再度の警戒

    累計感染者が1万人超え 県政報告

    新型コロナに再度の警戒

    立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

    11月26日号

  • 認知症医療施設が拡充

    予防・早期発見へ ニッタオンライン市政報告53

    認知症医療施設が拡充

    横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

    11月26日号

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    11月23日23:15更新

  • あっとほーむデスク

    11月19日16:45更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

お金・生活設計考える

シングル女性向け

お金・生活設計考える

フォーラム南太田が講座

12月10日~12月10日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク