南区版 掲載号:2016年6月23日号 エリアトップへ

横浜商業ボート部 女子2種目で関東準Ⅴ インターハイへ照準

スポーツ

掲載号:2016年6月23日号

  • LINE
  • hatena
(左から)新井さん、大橋さん、関さん、家根田さん、佐々木さん
(左から)新井さん、大橋さん、関さん、家根田さん、佐々木さん

 市立横浜商業高校(冨地正博校長)ボート部の女子選手が6月5日まで相模湖で行われた関東大会に出場し「クォドルプル」「ダブルスカル」の2種目で準優勝した。同部は両種目と男子の1種目で7月下旬から行われる高校総体出場が決まっており、現在は練習拠点の大岡川で頂点を目指した練習に励む。

 「クォドルプル」はボートを漕ぐ4人とバランス良く漕ぐための指示などを出す「コックス」が乗り、5人1組で1千mの距離を争う。コックスは新井麻央奈さんが務め、大橋梨乃さん、家根田朋美さん、佐々木遥香さん(いずれも3年)、関夏樹さん(2年)の4人が漕手で出場した。

 予選レースを2位で突破すると、決勝は昨年の高校総体(インターハイ)同種目で優勝した埼玉県の南稜高校に続き、2位でフィニッシュした。

 漕ぎ手の4人は3月の全国大会で7位の実績がある。優勝が目標だったという大橋さんは、「精一杯やったが悔しい結果になった」と振り返り、高校総体での雪辱を誓った。

 2人1組で出場する「ダブルスカル」には、ペアを組んで約4カ月という柴田寿音さん、黒沼実生さんの2年生コンビが出場。経験を積むことを目的に臨んだ大会で積極的なレースを展開し、2位に入った。

 柴田さんは、「2年生だけで出場するのは初めてだった。準優勝には驚いた」と喜んだ。

課題克服し頂点へ

 ボート部は創部120年の歴史を持つ。昨年は「男子クォドルプル」で日本一に肉薄するなど、2年連続で高校総体ベスト3に入る選手を輩出。今年は関東準Ⅴの女子2種目のほか、男子の1人乗り種目で高校総体出場を決めている。

 普段は大岡川で練習を重ねる同部。「レース前半の先行力」をチーム全体の課題に掲げており、現在はスタートからピッチを上げるトレーニングに重点を置いているという。

 顧問の河野敬之教諭は、「選手の『全国の舞台で勝つ』という目標は揺らいでいない」と高校総体に照準を定めた。
 

柴田さん(左)と黒沼さん
柴田さん(左)と黒沼さん

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版のトップニュース最新6

南区3選手 ベイJr.に

少年野球

南区3選手 ベイJr.に スポーツ

倍率50倍の関門突破

12月12日号

大災害に備え、徒歩訓練

六ツ川四丁目子ども会

大災害に備え、徒歩訓練 教育

山下公園まで8.5Km

12月5日号

「自作ゲームセンターを」

大岡小個別教室

「自作ゲームセンターを」 教育

プログラミングで開発

12月5日号

県内初の「こどもホスピス」

県内初の「こどもホスピス」 社会

金沢区に2021年開設へ

11月28日号

相鉄・JR直通線 30日開業

相鉄・JR直通線 30日開業 社会

市西部と都心つながる

11月28日号

まちカフェで「ボッチャ」

まちカフェで「ボッチャ」 文化

障害の垣根なく"強い絆"を

11月21日号

脱プラへ 木製ストロー

横浜市

脱プラへ 木製ストロー 社会

間伐材使い独自開発

11月21日号

あっとほーむデスク

  • 12月7日16:00更新

  • 12月5日0:00更新

  • 11月28日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

世界情勢から新年読む

世界情勢から新年読む

寺島実郎さん講演会

12月19日~12月19日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月12日号

お問い合わせ

外部リンク