南区版 掲載号:2016年6月30日号
  • googleplus
  • LINE

災害時給水所 新標識で認知度向上へ イラストで分かりやすく

社会

 横浜市水道局は、災害などで断水した際に飲料水が得られる「災害時給水所」の認知度向上を目指し、4月から災害用地下給水タンク設置場所の標識を変更している。イラストをメインとしたデザインで、年度内に市内全134基の変更を行う予定だ。

 災害時給水所を知らせるために作った新しい標識は、2015年10月から1カ月間行った市民投票で3案の中から選ばれたもの。水を汲む人を表したシンプルなイラストが大きく描かれており、水道局の担当者は「より分かりやすくなったのでは」と話す。

 同局が14年度に実施した調査では、災害時給水所(旧・応急給水拠点)の場所を知っている人の割合はわずか14・2%。存在を知らない人は65・3%と、認知度の低さが明らかとなった。一方、同調査で発災時に知りたい水の情報で、最も多かった回答は給水をしている場所・日時だった。

 災害時給水所は、災害用地下給水タンク(134基)、配水池(22カ所)、緊急給水栓(358基)と給水車を指し、小・中学校を中心に各家庭から約500m以内を目安に設置されている。中でも災害用地下給水タンクは市民の手で給水できるもので、発災直後から利用が可能。南区内には共進、南、六ツ川の各中学校にある。合計で約1万3千㎥、市民1人あたりに必要とされる1日分(3リットル)以上を確保できる。水道局では非常時に備え、各地の地域防災拠点訓練などで開設方法の説明と実践を行っている。

 同局は認知度向上のため、市のウェブサイトで給水所の場所が確認できる「スイスイまっぷ」を公開している。さらに1月には、地図情報をまとめたスマートフォン向け無料アプリ「ロケスマ」で、災害時地下給水タンクの地点情報の閲覧が可能になった。

水の備蓄が第一

 同局は給水所の場所を知ってもらい、開設に協力できる市民を増やすことも必要としているが、「過去の被災地の様子から、給水所には長蛇の列ができると想定され、運ぶためにも労力が必要となる。まずは家庭、企業での水の備蓄を第一にお願いしたい」と呼びかける。1人あたり3日分(9リットル)以上の飲料水を備蓄すれば、職員による給水所の開設まで持つとされている。

 今後、8月、9月分の検針票にも給水所と備蓄に関する情報を掲載する予定で、災害への備えと給水所の周知を呼びかけていく。
 

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp/

<PR>

南区版のトップニュース最新6件

外国人へ初の生活説明会

「特別警戒」に南区138カ所

土砂災害

「特別警戒」に南区138カ所

9月27日号

阪東橋駅付近が県内最多

人身事故発生件数

阪東橋駅付近が県内最多

9月20日号

南消防団に6人入団

南太田佐藤病院

南消防団に6人入団

9月20日号

チャーハン対決で銅賞

弘明寺のとやん

チャーハン対決で銅賞

9月13日号

六つ川小 畑から縄文石器

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

食料問題を考える

参加者募集

食料問題を考える

「クロ現」国谷さん 11月に市シンポで講演

11月10日~11月10日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月27日号

お問い合わせ

外部リンク