南区版 掲載号:2017年6月22日号 エリアトップへ

糖尿病予防へ健診後支援 区、講座で生活改善指導

社会

掲載号:2017年6月22日号

  • LINE
  • hatena
保健師の話を聞く参加者
保健師の話を聞く参加者

 健康診断の結果から糖尿病の危険性を指摘された人を対象にした「健康みらいチャレンジ講座」が6月8日、南区役所で行われた。

 講座は1年以内に受けた診断で過去1〜2カ月の血糖値を表す「HbA1c」の値が5・6%〜6・9%だった40歳〜74歳の人。一般的に値が5・6%〜6・4%の人は気を付けるべきとされ、6・5%以上はすぐに受診が必要だという。

 講座には4人が参加。保健師や栄養士から糖尿病の危険性や改善へ向けた運動法などの説明を受けた。その後、今後行う生活習慣改善へ向けての行動目標を考えた。参加者は「1日8千歩以上歩く」「昼食の弁当に必ずサラダを加える」など、具体的な目標を掲げた。

 参加した女性は「目標を立てたことでやり遂げようという意欲が出てきた」と話した。参加者は9月上旬に再び集まり、HbA1cの測定を行い、自身の変化を検証しながら、糖尿病予防策を考えていく。

受診率が市内最低

 2015年度の南区の特定健診受診率は19・3%で市内最低。また、受診者に占めるメタボリックシンドロームと予備群の割合は市内1位だったため、区は今後も受診を勧めつつ、受診後の支援を行う方針だ。

 同講座は8月、12月にも開かれる。区福祉保健課健康づくり係は「糖尿病の治療が必要になる前に対策を講じてほしい」と話す。6月28日午後2時から、南区役所で医師による糖尿病講座を開催。申し込みは23日までに区健康づくり係【電話】045・341・1187。

南区版のローカルニュース最新6

レシート投稿で5%還元

レシート投稿で5%還元 経済

市が飲食店支援企画

12月9日号

プレゼント用ギフト募集

プレゼント用ギフト募集 社会

ベイホテル東急、15日まで

12月9日号

街の先生が特技を伝授

街の先生が特技を伝授 社会

ミニ講座に小学生ら

12月9日号

奉仕の基盤は会員増強

ロータリークラブ

奉仕の基盤は会員増強 社会

横浜・川崎の地区大会

12月9日号

市産業功労者に小俣社長

市産業功労者に小俣社長 経済

新川町の総合建設業業界発展に功績

12月9日号

球技で児童が交流

球技で児童が交流 教育

大会に南区内5年生

12月9日号

あっとほーむデスク

  • 12月8日15:06更新

  • 12月2日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    11月25日18:18更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「認知症に理解を」

「認知症に理解を」

22日、六ツ川で当事者講演

12月22日~12月22日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 横浜の遊園地

    〈連載〉さすらいヨコハマ51

    横浜の遊園地

    大衆文化評論家 指田 文夫

    12月9日号

  • 南の風にのって

    松山区長の

    南の風にのって

    みなみに広がれ、つながりの輪

    12月2日号

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook