南区版 掲載号:2017年8月24日号 エリアトップへ

市内18区最強の「神」は 小説『横浜大戦争』が話題

文化

掲載号:2017年8月24日号

  • LINE
  • hatena
本を手にする蜂須賀さん
本を手にする蜂須賀さん

 横浜市の18区それぞれが「土地神」にキャラクター化され、横浜の「中心」をめぐって争いを繰り広げる作家・蜂須賀(はちすか)敬明さんの小説『横浜大戦争』(文藝春秋)が話題を集めている。

 蜂須賀さんは保土ケ谷区出身。昨年、デビュー作の『待ってよ』が松本清張賞を受賞した。

 2作目の『横浜大戦争』は初版6千部で6月15日に発売されると、すぐに増刷。出版元によると、発売直後から増刷となり、話題を集めることは「奇跡」という。

地域特性活かす

 物語の中心は、各区を司り、十人十色の個性と職業、必殺技を持った18人の「土地神」たち。蜂須賀さんが市内を自転車で回って調べ、感じた地域の歴史や特性をもとに、キャラクターを一人ずつ作った。南区の神は、揚げ物から炒め物まで何でもOKの横浜橋通商店街の惣菜屋の女性店員。割烹着姿で、神器は手に持つ中華鍋だ。神々がナンバーワンをめぐって戦うストーリーは、地元愛の強いハマっ子の気質に影響を受けたという。「横浜市民は『おらが村』という意識があったり、いい意味で見栄っ張り。でも、その気質が横浜を大きくしてきたと思う」と話す。

地元知る契機に

 執筆の原動力となったのは「小説を書くことで横浜を知りたい」という強い思い。出身地でありながら、中学、高校は都内の学校へ通学していたこともあり、地元を知るきっかけがなかった。

 近年のご当地キャラブームも作品のヒントになった。「自治体が有名なイラストレーターに頼んだだけのキャラクターで、本当に地元色が出ているのか疑問だった。自分なら綿密に地域のことを調べてキャラクターを作りたいと思っていた」と設定にはこだわった。

 この本を特に手に取ってもらいたいのは子どもたち。「区の歴史の本を読むより楽しんでもらえるはず。横浜を知るきっかけになれば」と語る。

 360頁、1800円。

南区版のローカルニュース最新6

大学生が情報誌

横浜橋通商店街

大学生が情報誌 経済

対面販売の魅力伝える

6月10日号

食糧提供で住民支援

食糧提供で住民支援 社会

南区企業が一役

6月10日号

エコバッグで脱プラを

エコバッグで脱プラを 社会

南永田団地、小学生と制作

6月10日号

介護施設の違い解説

介護施設の違い解説 社会

南センターが講座企画

6月10日号

夏の高校野球対戦相手決定

夏の高校野球対戦相手決定 スポーツ

南区から3校

6月10日号

自筆遺言 書き方学ぶ

自筆遺言 書き方学ぶ 社会

区講座の参加者募集

6月10日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月11日18:09更新

  • 6月8日11:18更新

  • あっとほーむデスク

    6月4日16:39更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

カタツムリ作りを体験

カタツムリ作りを体験

大岡地区センター色紙で自由に

6月3日~6月30日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 雨の季節

    〈連載〉さすらいヨコハマ48

    雨の季節

    大衆文化評論家 指田 文夫

    6月10日号

  • 南の風にのって

    松山区長の

    南の風にのって

    令和3年度の南区運営方針を策定しました

    6月3日号

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter