南区版 掲載号:2017年8月24日号
  • LINE
  • hatena

横総高出身プロボクサー 小浦選手が東洋王者に 11戦全勝 世界目指す

スポーツ

肩にベルトをかける小浦選手
肩にベルトをかける小浦選手
 市立横浜総合高校出身のプロボクサー・小浦翼選手(22)が7月に東京・後楽園ホールで行われた東洋太平洋ミニマム級(47・6kg以下)王座決定戦でフィリピン人選手を破り、11戦全勝(8KO)で東洋チャンピオンに輝いた。

 前王者のベルト返上で空位となった同級王座を争った。小浦選手は第1ラウンドから有効打でポイントを稼ぎ、押し気味に試合を進める。迎えた第4ラウンド2分50秒。繰り出した左ボディーブローが相手を的確に捉え、一瞬のうちにマットに沈めた。「狙い定めたボディーではなかった。偶然というか。10カウントを聞いたときは嬉しかった」と振り返った。

 小浦選手がボクシングを始めたのは小学生から習ってきた空手の延長線だったという。横浜総合高校に入学し、ボクシング部へ。同時に現在所属する「E&Jカシアス・ボクシングジム」=中区=の門を叩き、プロ選手らと練習を重ねた。

貪欲な向上心

 高校3年だった2012年度はインターハイに出場。当時同部の顧問だった古澤順子さんは「とても練習熱心で技術を集中して吸収し、上に行こうという強い気持ちがあった」と振り返り、「(王座獲得は)本当に嬉しい」と喜ぶ。

 19歳でプロの世界に飛び込むと快進撃を続け、15年には全日本新人王にも輝いた。小浦選手は「上、上を常に目指す。その中で世界チャンピオンの座をつかみたい」と話した。現在、横総高に通う妹の菜々美さん(3年)もボクシング全国大会で優勝した経験を持つ。

南区版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    2月16日15:15更新

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

商店街自慢の品揃う

商店街自慢の品揃う

23日、区役所で防災企画も

2月23日~2月23日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク