南区版 掲載号:2018年1月4日号
  • LINE
  • hatena

7言語で子育て動画 かながわ国際交流財団 日本の制度を紹介

社会

母子訪問の様子を紹介
母子訪問の様子を紹介

 日本で出産・子育てをしている外国人住民のための動画が、かながわ国際交流財団によって作られた。

 2016年に県内で生まれた子どもの19人に1人は両親のどちらかが外国人。日本で出産・子育てをする外国人が増加する中、日本のサービスや制度に対する理解が進まず、自治体や産婦人科などから、情報伝達や制度説明が難しいとの声が同財団に寄せられていた。

 動画は、妊娠・出産から小学校入学までの手続きやサービスの説明、問い合わせの多い母子手帳の受け取り方や内容、保健師・助産師による母子訪問の概要について紹介している。音声は日本語で、中国語、タガログ語、ポルトガル語、スペイン語、ベトナム語、英語、ネパール語の字幕が付いている。

 同財団は「外国人のお母さんの場合、制度を理解できずに母子訪問を断ってしまうケースが多いと聞く。事前に動画があれば安心できるのではないか。ぜひ、子育て支援者にも活用してほしい」と話す。

 動画は同財団のサイト(http://www.kifjp.org/child/)で見られるほか、各自治体の母子保健担当窓口などにはDVDを配布する。

 問い合わせは同財団【電話】045・620・4466。
 

南区版のローカルニュース最新6件

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

年末年始限定メニュー予約受付中

厳選した新鮮な上質素材!見た目も味も文句なし!

http://www.yokohamatei.com/

<PR>

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月13日0:00更新

  • 12月6日0:00更新

  • 12月4日15:03更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親子でハンドベル

親子でハンドベル

15日、大岡で歌手が講座

12月15日~12月15日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク