南区版 掲載号:2018年4月12日号
  • googleplus
  • LINE

災害時の備え学ぶ 講座で発生後の生活想像

スポーツ

意見を交わす参加者
意見を交わす参加者
 災害時の避難方法などを考える講座が4月7日、地域交流拠点「井土ヶ谷アーバンデザインセンター」で行われ、約15人が参加した。災害に強いまちづくりの活動を行うボランティア団体「きっかけLab」の主催。

 講座は▽災害イマジネーション力▽自分を知る▽近所とのつながりーーを柱として行った。グループで家庭での防災対策や、震災が発生した日から1週間後までの間にどのようなことが起こり得るかを話し合い、模造紙にまとめた。

 同団体の塩月崇雄さんは「災害はいつ起こるかわからない。夜中や悪天候の時に発生する恐れもある。常に最悪の状況を想定しておくことが大切」と話した。

 グループワークの最後には西区にある地域活動センター「ハート工房」から提供されたポーチを使い、災害時に持ち歩いておくと便利なものを考えた。参加者はライトや絆創膏、ビニール袋などを挙げ、全員で考えた。

 参加者は「災害時には情報があふれている。大切な情報だけを選んで行動したい」「ポーチを気軽に持ち歩く習慣をつけたい」と話した。

南区版のローカルニュース最新6件

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「看護の日」病院見学会

「看護の日」病院見学会

県立こども医療センター5月10日、講演も

5月10日~5月10日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月26日号

お問い合わせ

外部リンク