南区版 掲載号:2018年7月12日号
  • googleplus
  • LINE

元五輪選手が教室 小学生、走り方学ぶ

スポーツ

走る姿勢を練習する
走る姿勢を練習する
 スポーツと安全をテーマにしたイベントが6月30日に横浜市南スポーツセンターで行われ、小学生37人が参加した。

 イベントは南スポーツセンター開館25周年を記念して行われたもの。講師としてアスリートセーブジャパン、近代五種元日本代表の平田栄史さんを招き「走り方教室」とAEDの使い方を学ぶ「いのちの教室」が行われた。

 走り方教室では腕を振る速さや足を上げることなどを説明し、スキップなどの動きを交えながら練習を行った。後半は心臓突然死について説明を行い、AEDの大切さについて講話を行った。

 参加者は「最初は難しかったが。正しく走るコツを知ることができた。これからも練習したい」と話した。

 平田さんは「かけっこは運動の基本となるが、教えてもらうことはほとんどない。正しい走り方でスポーツの楽しさを知ってほしい」と話した。

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

http://www.daviusliving.jp/

<PR>

南区版のローカルニュース最新6件

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

蒔田で体験・学習講座

蒔田で体験・学習講座

「街の先生」28日に

7月28日~7月28日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク