南区版 掲載号:2018年7月19日号 エリアトップへ

地区懇談会 議論深める工夫を デスク・レポート

社会

掲載号:2018年7月19日号

  • LINE
  • hatena

 ▼地区ごとに住民と区職員らが課題について話し合う「地区懇談会」が5月上旬から6月下旬にかけて16連合町内会ごとに行われた。懇談会は南区連合町内会長連絡協議会の主催。出された意見を地域、行政がまちづくりに役立てていくことが目的だ。町内会館などで約1時間半にわたって、地区側が設定した防災対策や福祉などの議題について、意見交換をした。

 ▼2015年までは、町内会の活動報告的な意味合いが強かったが、16年から一部の地区で議題について少人数のグループで討議を行うよりになり、内容が変化。今年は半数の地区が討議方式を採用した。「ごみの不法投棄をどう防ぐか」「大地震発生時、子どもをどう守るか」など、具体的な課題について議論した。その中では、個人や町内会が実践している事例が語られていた。討議が情報共有や課題に対する意識を高める機会になりつつある。全ての懇談会に出席した大木節裕区長からは、課題解決につながる他地区の好事例が述べられるなど、区側も懇談会を有意義な場にしようとしている点は評価できる。

 ▼一方、多くの地区が議題にした防災に関し、家庭での対策や共助の方法など、議題が複数にわたり、議論が散漫なって深まらず、消化不良で終わるケースが見られた。また、参加者が事前に議題を把握していなかったり、議論の前提となる防災の共助・公助の体制が十分に理解されないまま話が進むこともあった。初めて討議方式を行った地区も多く、不慣れな点があったのはやむを得ないが、参加者の議論が深まるよう、町内会側が事前に資料や情報を提供できる仕組み作りを進めるべきだ。区役所側も開催の数カ月前から準備に携わっており、行政視点の助言がもっとあって良い。

 ▼町内会側は、懇談会で出た意見を広く地域住民に伝え、特に喫緊の課題である防災対策は行動に移せるものからすぐに実践したい。そのためにも、区はこれまで以上に地域の好事例を拾い出し、活動の担い手や懇談会では姿が少なかった若い世代に伝えてく取り組みを進めてほしい。

福祉クラブ らら・むーぶ南

高齢者や障害があり、外出が困難な方へ、車で介助付きの外出支援をしています

http://www.fukushi-club.net/

<PR>

南区版のローカルニュース最新6

コロナ禍で端末活用加速

小中学校

コロナ禍で端末活用加速 教育

分散登校、実施に課題も

9月16日号

IR誘致撤回を宣言

山中市長

IR誘致撤回を宣言 政治

初の本会議で所信表明

9月16日号

今週末に野毛大道芸

今週末に野毛大道芸 文化

感染症対策施し、屋内開催

9月16日号

バスの魅力を映像で

市交通局

バスの魅力を映像で 社会

10月20日まで作品募集

9月16日号

芝山漆器を展示

研究会らが中区で開催

芝山漆器を展示 文化

9月16日号

南米原産果物を販売

南米原産果物を販売 経済

上瀬谷の農家 市庁舎で16、27日

9月16日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 小児医療費助成の淵源

    取り組み開始から約30年 ニッタオンライン市政報告58

    小児医療費助成の淵源

    横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

    9月16日号

あっとほーむデスク

  • 9月16日17:57更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月15日7:45更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

日枝神社 大神輿を公開

日枝神社 大神輿を公開

18、19日に 巡行は中止

9月18日~9月19日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook