南区版 掲載号:2018年11月8日号
  • LINE
  • はてぶ

風疹、市内感染止まらず 患者数 昨年の10倍超

社会

 関東を中心に感染が広がっている風疹。横浜市によると、市内の風疹患者は今年10月28日時点で94人を数え、昨年1年間の9人と比べ、すでに10倍以上となっている。今年と同様の傾向だった2012年は翌年に大流行しており、市はワクチン接種を市民に促したい考えだ。

 風疹は発熱や発疹、リンパ節腫張を特徴とするウイルス性の疾患。妊娠20週ごろまでの妊婦が風疹ウイルスに感染すると、胎児に心疾患や難聴、白内障などの症状が出る先天性風疹症候群(CRS)になる可能性がある。

 今年8月19日まで0人だった市内の患者数は、8月20日以降から増加。94人のうち74人は男性で、女性20人の3・7倍となっている。また、30〜50代の男性が58人で全体の約62%を占めている。

 国立感染症研究所によると、日本では1977年から95年まで、ワクチン接種の対象が女子中学生のみだったことが、30〜50代の男性患者数の多さに影響していると分析。同研究所が毎年約5千人規模で調査する感染症流行予測事業の最新結果では、30代後半から50代の男性の約20%がウイルス抗体を保有しておらず、同年代女性の約2%と比べても多いことが分かる。

大流行前に酷似

 市内の風疹患者は10月22日から28日の1週間で、9人が感染。624人が感染し、大流行した13年は前年の12年が113人で今年はそれに迫っており、今後の大流行につながる可能性もある。そのため、市担当者は「油断できない状況にある」と警鐘を鳴らす。

 過去10年間の市内CRS報告数は13年に2件。今年はまだ報告はないが妊婦はワクチン接種を受けられず、周囲の人が接種することが重要だ。市医師会の水野恭一会長は「市内でも予防接種の依頼は増えている。妊婦は人混みを避け、家族も安全のため受診を」と話す。

市が注意喚起

 市では「風疹対策事業」として、同事業を利用した事がない19歳以上の市民で、①妊娠希望の女性②妊娠希望の女性のパートナー③妊婦のパートナーなどの条件を満たす対象者に予防接種と抗体検査を実施している。予防接種は1回3300円(税込)で接種歴が2回以上ある人は対象外、抗体検査は無料。来年3月31日まで市内の各協力医療機関で利用できる。市担当者は「ホームページやチラシで注意喚起し、患者を出さない努力をしていく」としている。
 

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版のトップニュース最新6件

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

精神疾患を学ぶ

参加者募集

精神疾患を学ぶ

永田地域ケアプラで講座

11月11日~12月1日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月9日号

お問い合わせ

外部リンク