南区版 掲載号:2018年11月29日号 エリアトップへ

新聞販売店初の認定 読売新聞関内吉野町 消防団協力事業所に

社会

掲載号:2018年11月29日号

  • LINE
  • hatena
交付式に出席した(前列左から)小出健消防署長、高田所長、涌井団長、(後列左から)加山さん、浅野さん、田中肇第三分団長
交付式に出席した(前列左から)小出健消防署長、高田所長、涌井団長、(後列左から)加山さん、浅野さん、田中肇第三分団長

 読売新聞関内吉野町サービスセンター=日枝町=が市内の新聞販売店では初めて、「消防団協力事業所」に認定され、11月20日に同事業所表示証の交付式が南消防署で行われた。

 同センターの高田健太所長は以前からさまざまな地域情報を伝えるチラシを定期的に新聞に折り込んで届けていた。その中で消防団員の紹介や熱中症対策などを記した「消防・防災便り」を約5千部配布。加えて、9月から店長の浅野裕一郎さんと加山利枝子さんが消防団に入団。これらのことから、協力事業所になることが決まった。協力事業所は市内に111カ所あり、南区では13カ所目。

 高田所長は「読者に興味を持ってもらえるような内容を発信してきた」と話し、チラシの評判は良いという。浅野さんは「地域密着で何かできるのではないかと思った」と入団の理由を話す。

 南消防団の涌井正夫団長は「地域をよく知る販売店の方が入団してくれたのは心強い」と話し、今後の活動に期待した。

市民利用施設職員・スタッフ募集

みなみ区民利用施設協会運営の地区センターやコミュニティハウスで働きましょう

http://minami-rsk.sakura.ne.jp/

<PR>

南区版のローカルニュース最新6

擁護委員、小中学生への啓発強める

【Web限定記事】人権週間

擁護委員、小中学生への啓発強める 社会

市内で7千人に教室

12月3日号

「横浜を書き続ける」

「横浜を書き続ける」 文化

小説家・山崎洋子さん講演

12月3日号

「日本語・文化知って」

「日本語・文化知って」 文化

蒔田町粟津さん外国籍親子に講座

12月3日号

現場で情報募る

現場で情報募る 社会

吉野町の事故で安協

12月3日号

「異世代交流の場に」

「異世代交流の場に」 文化

12日、南永田団地で祭り

12月3日号

Y校卒郡司選手競輪G1で初V

Y校卒郡司選手競輪G1で初V スポーツ

年末大レースへ

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 新型コロナに再度の警戒

    累計感染者が1万人超え 県政報告

    新型コロナに再度の警戒

    立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

    11月26日号

  • 認知症医療施設が拡充

    予防・早期発見へ ニッタオンライン市政報告53

    認知症医療施設が拡充

    横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

    11月26日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    12月4日20:30更新

  • あっとほーむデスク

    12月4日19:48更新

  • 11月26日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「異世代交流の場に」

「異世代交流の場に」

12日、南永田団地で祭り

12月12日~12月12日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年12月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク