南区版 掲載号:2019年1月17日号
  • LINE
  • hatena

唐沢・中村市民団体 「活動拠点作りに支援を」 26日、市補助金審査へ

社会

活動拠点の完成予想図
活動拠点の完成予想図

 唐沢・中村地区で2018年から買い物支援などのボランティア活動を行う「おもいやり隊」が活動拠点作りの計画を進めている。拠点整備費を得るため、市の「ヨコハマまち普請事業」に応募しており、1月26日に二次審査に臨む。ほかにも、インターネットを使った寄付金集めも行い、地域の居場所作りへの支援を訴えている。

     ◇

 おもいやり隊(津ノ井美晴代表)は唐沢・中村地区の買い物困難者などの生活全般を支援しようと、18年2月に発足した。

 個人宅のガレージや町内会館、中村地域ケアプラザで野菜やパンの販売を行ったり、配達も請け負う。ほかにも、高齢者の買い物代行や掃除、話し相手などの訪問型サービスにも取り組んでおり、月に40件ほどの活動を行う。

空き家を拠点に

 活動の中心となる拠点確保が課題だったが、中村町2丁目の空き家を使用できることになった。カフェスペースや宿題・学習支援などの居場所作りに向けた改修工事を視野に活動を行っている。

 津ノ井代表は「多世代の人が気軽に集い、おしゃべりができる居場所として活用したい」と話す。

 改修工事の費用確保に向けて市が行う「ヨコハマ市民まち普請事業」に応募。同事業は市民が主体となって行う地域の課題解決や魅力向上を伴うまちづくりに対し、支援、助成を行うもの。コンテストを通過すると、最大で500万円の整備助成金を受けられる。

 おもいやり隊は昨年7月に行われた一次審査を通過。1月26日にある二次審査に臨む。助成金が得られた場合、内装・設備工事のほか、備品購入の一部に充てる予定。加えて、助成金を充てることができない耐震工事や機器備品の購入のための寄付金を募っている。寄付金目標額は300万円で、インターネットを使ったクラウドファンディングでも受け付けている。

 津ノ井代表は「より良い居場所作りのため、皆様のご賛同、ご支援をよろしくお願いします」と呼び掛ける。

 寄付金の問い合わせはおもいやり隊【電話】070・1500・2580。
 

南区版のトップニュース最新6件

診断までの時間長く

認知症

診断までの時間長く

2月14日号

スポーツ参加を支援

2019年度南区予算案

スポーツ参加を支援

2月14日号

市まち普請事業に認定

中村地区おもいやり隊

市まち普請事業に認定

2月7日号

寿東部地区支援で市長賞

南区役所

寿東部地区支援で市長賞

2月7日号

働き方改革 女性が率先

井土ヶ谷下町向洋電機土木

働き方改革 女性が率先

1月31日号

体育館が「ディスコ」に

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    2月6日19:15更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

30周年でコンサート

30周年でコンサート

障がい児者連絡会が16日

2月16日~2月16日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク