南区版 掲載号:2019年2月28日号
  • LINE
  • hatena

横浜総合高 防災考え 初の「感謝祭」 3月2日、炊き出しなど

教育

地域貢献活動として弘明寺商店街を清掃する生徒
地域貢献活動として弘明寺商店街を清掃する生徒

 市立横浜総合高校(小市聡校長)が地域貢献などを目的にした「横総大感謝祭」を3月2日に弘明寺商店街内で初めて開催する。大規模災害時に同校が地域貢献できる可能性を探るもので、東日本大震災被災地の産品を使ったおかゆなどを提供する。

 同校は中区から2013年に移転して以降、地域とのつながりを重視してきた。生徒が弘明寺商店街や近隣町内会と合同で清掃を行ったり、イベントに協力するなど、地域と顔が見える関係づくりを進めている。

災害時に地域支援

 小市校長は以前から「学校として大規模災害時に地域に貢献できれば」との思いを抱いていた。災害時に地域に直接支援する姿をイメージし、今回の感謝祭では、炊き出し訓練を兼ねたおかゆの配布を行う。

弘明寺でおかゆ提供

 この数年、生徒は東日本大震災被災地の岩手県の釜石漁港で牡蠣の出荷や福島県矢祭町で米作りを体験してきた。今回は山梨県道志村、長野県上田市を含めた4カ所で体験した生徒18人が参加。商店街中央の観音橋で各地方の産品を使ったおかゆ100食を作り、100円以上の募金者に提供する。また、体験報告と同時に釜石の海産物や矢祭の米、上田のりんご、味噌なども販売する予定。同校の活動に賛同した日枝小学校児童の合唱も披露される。物産の売上金の一部は災害時に使える備品購入に充てられ、同校周辺の町内会に寄贈する計画もある。

 小市校長は「感謝祭を通し、課題発見力や解決力を体験し、社会適応力を身に付けてほしい」と生徒に期待する。

 開催時間は午前10時から午後3時。雨天決行。
 

南区版のトップニュース最新6件

散歩・買物 離れた場所へ

南区民

散歩・買物 離れた場所へ

4月18日号

家庭連絡にICT活用

蒔田中

家庭連絡にICT活用

4月18日号

自民・遊佐氏が連続トップ

南区市議選

自民・遊佐氏が連続トップ

4月11日号

「発展に向け、躍動する年に」

外国人材 受入体制強化へ

横浜市

外国人材 受入体制強化へ

4月4日号

キャッシュレスを実験

横浜橋通商店街

キャッシュレスを実験

4月4日号

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月18日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    4月13日14:39更新

  • 4月11日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

高齢者の外出考える

高齢者の外出考える

六ツ川で第2回

6月8日~6月8日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク