南区版 掲載号:2019年4月18日号 エリアトップへ

蒔田中 家庭連絡にICT活用 教員負担軽減へ試験導入

教育

掲載号:2019年4月18日号

  • LINE
  • hatena
学校アンケートもスマホで回答可
学校アンケートもスマホで回答可

 市立蒔田中学校(木藤肇校長)は4月から教員の負担軽減や欠席連絡、配布物の効率化を目的に、メールや自動音声による情報共有システムの試験導入を始めた。横浜市教育委員会が策定した「教職員の働き方改革プラン」に基づくもので、同校を含めて市内6学校が導入し、1年間試行する。

多忙感9割

 市教委が2014年に公表した業務実態調査では、約9割の教職員が忙しさを感じ、授業準備に充てる時間の半分以上が勤務時間外であることなどの実態が浮き彫りになった。これを受け策定した同プランは「業務改善支援」「学校業務の適正化、精査・精選」など4つの戦略が軸。中でも最重要視するICT(情報通信技術)などを活用した業務改善支援の一環として、今回の情報共有システムの試行実施に至った。市教委によると、同様の取り組みは全国でも珍しいという。

自動で欠席連絡

 同システムは、連絡帳や電話でしていた欠席連絡を多言語対応の自動音声ガイダンスに従って入力することで、情報が自動集計される。さらに、紙で配布していた学校行事の案内や出欠、アンケートを保護者にメールで送信し、パソコンやスマートフォンから直接回答できる仕組みを取り入れた。緊急災害時の学校からの連絡は、保護者が指定したテキストか音声で配信され、迎えに行く時間などを返信できる体制も整えた。

 紙配布情報のデジタル化は教職員の要望が多かった機能の一つ。クラスごとや個人など、対象を絞って送信でき、紙のコスト軽減も期待できる。

 システムは保護者の同意を得た上で実施。ネット対応が難しい家庭などは従来通りの方式をとる。

 今回の対象は蒔田中と小学校、高校、特別支援学校の計6校。蒔田中にある市内唯一の夜間学級でも導入された。同校は「学校の電話回線は一つのため、つながりづらかった欠席連絡などは改善されるのでは思う。全ての教員がシステムを使いこなせるかなど、実際にやってみないと分からない部分もある」と話す。

 市教委は業務短縮効果を1カ月で約3時間半と想定。試行期間は1年間で、学校、保護者の意見を基に全校実施を検討する。また4月から「職員室業務アシスタント」を全小中学校に配置。現在人員を募集している。

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版のトップニュース最新6

ボランティアが活動継続

外国籍生徒学習支援

ボランティアが活動継続 教育

有志団体、協力者募る

5月23日号

60年の「家庭保育」に幕

永田北矢後さん

60年の「家庭保育」に幕 社会

親子2代、自宅で運営

5月23日号

開店3年 障害者の励みに

区庁舎内喫茶店

開店3年 障害者の励みに 社会

20日から周年記念企画も

5月16日号

全校で当日注文可能に

ハマ弁

全校で当日注文可能に 教育

喫食向上へ、28日から

5月16日号

広がる「子どもの居場所」

広がる「子どもの居場所」 社会

食堂や学習支援など

5月1日号

「弘明寺から健康・福祉を」

「弘明寺から健康・福祉を」 社会

市民のまちづくり始動

5月1日号

空き店舗を交流拠点に

南永田団地

空き店舗を交流拠点に 社会

住民発意で憩いの場開設

4月25日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    5月23日16:57更新

  • あっとほーむデスク

    5月18日22:45更新

  • あっとほーむデスク

    5月17日14:42更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク