南区版 掲載号:2019年6月6日号 エリアトップへ

横浜市 外国人人口10万人超え 多言語相談など支援強化

社会

掲載号:2019年6月6日号

  • LINE
  • hatena

 2019年4月末時点で、横浜市の住民基本台帳に記載された外国人人口が初めて10万人を超えた。10万人超えの市区町村は、全国で大阪市に次いで2番目。改正入管法が今年4月に施行され、国として5年間で約34万5千人の外国人受け入れを見込んでおり、今後増加が予想される中、市は外国人の支援に力を入れていく。



 市国際局の発表によると、市内の外国人人口は就労や留学を中心に増加。5年前と比べ約3割増加の10万227人となった。

 区別では中区が1万7057人で全体の17%と最多。次いで鶴見区の1万3292人(同13%)、南区の1万518人(同10%)と続く。最も少ないのは栄区の1060人。南区の外国人人口は5年間で市全体をやや上回るペースで増えている。

 国別では中国が4万212人と最多で約4割を占める。次いで韓国の1万2961人、フィリピン8251人と続く。

 5年前からの増加率は、ベトナムが2410人から7561人、ネパールが1229人から3963人で共に3倍を超える。

 同局によると「コミュニティなどがあると、同じ国の方が集まる『集住(しゅうじゅう)』傾向がある」という。

定住見据え共生

 市では増加する外国人に対し、情報提供の多言語化や相談の多言語対応、日本語学習や児童、保護者に対する支援や共生できる取り組みを行う。

 (公財)市国際交流協会=西区=では、対応言語や相談スペースの拡大を8月に予定。現在外国語の対応は英語、中国語、スペイン語の3カ国語だがベトナム語やネパール語など10言語になる。みなみ市民活動・多文化共生ラウンジ=浦舟町=など、市内10カ所の国際交流ラウンジでも相談の他、日本語教室などを行う。

 児童・生徒の日本語支援拠点施設「ひまわり」=中区=は学校ガイダンスやプレクラスを実施。市全域の来日直後の児童や保護者を対象に支援を行う。

生活ルール説明

 区毎でも取り組みを行っている。南区は昨年、来日初期の外国人に向け、日本の生活ルールや区の魅力をまとめた英語や中国語の冊子を作った。外国人にとって分かりづらいと言われるごみの出し方などのほか、町内会の紹介、祭りや防災活動などへの参加を呼び掛けている。加えて、冊子を使ったガイダンスを開くなど、対策を進めている。

 「地域とのつながりをもってもらえるよう、支援だけでなく共生して頂ける取り組みをしていきたい」と国際局は話す。

南区で外国人向けに開かれた「生活ガイダンス」
南区で外国人向けに開かれた「生活ガイダンス」

パシフィコで家具メッセバザール

6月8日、9日に厳選された家具が集まるお得な祭典!

https://www.kanetaya.com/

<PR>

南区版のローカルニュース最新6

永田地区センター祭り

永田地区センター祭り 文化

24日 「助郷」展示会も

11月21日号

商店街で「火の用心」

南消防署

商店街で「火の用心」 教育

弘明寺でパレード

11月21日号

バス路線「ピアライン」誕生

バス路線「ピアライン」誕生 経済

桜木町〜新港ふ頭結ぶ

11月21日号

IR推進の協議会設立

IR推進の協議会設立 経済

商議所など9団体で

11月21日号

日本大通りで食フェス

日本大通りで食フェス 経済

23、24日 地産地消やエコ軸に

11月21日号

「軽減税率知って」

「軽減税率知って」 経済

青申会が横浜橋で広報

11月21日号

希望を奏でるツリー

希望を奏でるツリー 文化

クイーンズスクエア

11月21日号

あっとほーむデスク

  • 11月21日0:00更新

  • 11月14日0:00更新

  • 11月7日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

個性豊かな作品展

個性豊かな作品展

22日から吉野町

11月22日~11月25日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月21日号

お問い合わせ

外部リンク