南区版 掲載号:2019年7月11日号 エリアトップへ

横浜橋通商店街 歌丸さん愛用品を展示 17日から、着物や釣り竿

文化

掲載号:2019年7月11日号

  • LINE
  • hatena
商店街に設けられた記帳所
商店街に設けられた記帳所

 昨年7月に亡くなった南区真金町出身の落語家・桂歌丸さんが愛用していた着物や釣り竿などの展示が7月17日から19日まで横浜橋通商店街(高橋一成理事長)で行われる。歌丸さんをしのぶ追善企画として、自宅にあった愛用品を家族から借りるなどして公開する。商店街側は「横浜橋に人を呼んでくれる歌丸さんに感謝したい。『普段着の歌丸さん』を見てほしい」という。

死去1年で追善企画

 歌丸さんは同商店街近くの真金町で生まれ、亡くなるまで暮らしていた。生前、商店街にあるそば店や理髪店、喫茶店によく立ち寄り、商店街の「名誉顧問」として、イベントにも度々参加するなど、深い関係にあった。

 生前から親交があった商店街の高橋理事長が歌丸さんの家族から、日用品などが自宅に数多くあることを聞き、一部を譲り受けた。死去から1年が経過しても歌丸さんをしのぶ声が多いことから、家族の了解を得て、思い出の品の展示を決めた。

 高橋理事長によると、展示されるのは高座で使用した着物や扇子、手ぬぐい、ネタ帳など。スーツやワイシャツといった日常に着ていたものも公開される。スーツの内ポケットには「歌丸」と刺しゅうがされているという。また、釣りが趣味だった歌丸さんの愛用の和竿も披露される。高橋理事長は「歌丸さんの愛用品が公開されるのは初めてではないか」という。

「永久名誉顧問」

 死去から1年が経過した7月2日から4日まで、商店街内には記帳所が設けられ、多くの人が歌丸さんをしのんだ。亡くなってから「永久名誉顧問」に”昇格”した歌丸さん。同商店街には、6月28日から、歌丸さんのイラストが入った熱中症予防を呼び掛ける大型幕が掲げられるなど、今でも愛着のあった地元に貢献している。高橋理事長は「生前から横浜橋の名を全国に広めていただき、感謝している。『普段着の歌丸師匠』を見てほしい」と話す。

 展示は商店街事務所内で17日から19日の午前9時から午後5時まで。問い合わせは同商店街事務所【電話】045・231・0286。
 

南区版のトップニュース最新6

「小学校で紙芝居を」

蒔田町片岡さん

「小学校で紙芝居を」 社会

コロナ禍で披露できず

7月2日号

南なんデー、文化祭も中止

南なんデー、文化祭も中止 社会

「4大まつり」開催なし

7月2日号

子育て家庭に食品配布

中村町障害者支援施設

子育て家庭に食品配布 社会

「こども食堂」の代替策

6月25日号

県民功労者に南区の2人

県民功労者に南区の2人 社会

表具業、教育振興に貢献

6月25日号

「作業員さんありがとう」

弘明寺町山下町内会

「作業員さんありがとう」 社会

ごみ集積所に感謝の言葉

6月18日号

世界中の「書」 動画に

蒔田町の粟津さん

世界中の「書」 動画に 文化

コロナ収束願い国際交流

6月18日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 雇用維持と相談強化

    コロナ禍の「働く」を支える 県政報告

    雇用維持と相談強化

    立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

    6月25日号

あっとほーむデスク

  • 7月2日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    6月30日20:03更新

  • あっとほーむデスク

    6月28日14:12更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ケアと仕事 考える

ケアと仕事 考える

オンラインセミナー当事者の話聞く

7月15日~7月15日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク