南区版 掲載号:2019年7月18日号 エリアトップへ

外国の子 学校・地域つなぐ 南吉田小校長らシンポ

教育

掲載号:2019年7月18日号

  • LINE
  • hatena
約80人が話を聞いた
約80人が話を聞いた

 外国に関係する子どもが増える中、学校と地域の連携を考えるシンポジウムが7月13日に西区で行われた。外国に関係する児童が全校の半数以上を占める南吉田小学校の関係者や支援者がこれまでの取り組みなどを語った。その中で「外部の支援が子どもや地域の生活を豊かにする」といった意見が多く出た。

 シンポジウムは外国人支援を行う横浜市国際交流協会(YOKE)と多文化共生に詳しい明治大学国際日本学部の山脇啓造教授の研究室が開いた。山脇教授らは3月に横浜市の学校による多文化共生の取り組みをまとめた著書を出版しており、それを記念して企画。約80人が集まった。

 前半は児童本人が外国籍か両親のどちらかが外国籍の児童が全校の半数を超えている南吉田小の金子正人校長や外国人の生活支援を行うみなみ市民活動・多文化共生ラウンジの王慶紅さんらが「学校と地域の連携」をテーマに語り合った。

 南吉田小には日本語の理解が不十分なまま来日する児童もいる。主に中国語を話せる市民ボランティアが学習支援や通訳として活動する。金子校長は「支援者が常時いることは、子どもの安心につながる」と語った。同ラウンジは2018年度に依頼を受けて355件の通訳派遣をした。そのうち南吉田小は140件。王さんは「来日直後の子どもには、母語による学習支援が重要」と訴えた。

外部支援が不可欠

 南吉田小と同じように外国籍児童が多い、いちょう小=泉区=に勤務した経験がある金子校長は、当時の経験を踏まえた上で「以前は外部の人が学校現場に入ることに抵抗がある者もいたが、今はさまざまな人材の力を借りる必要がある」とした。王さんも「学校は地域の多文化共生の拠点である」とし、学校で児童や保護者が外国の文化を紹介することなどで、在住外国人の中から地域をつなぐ担い手が現れてほしいとした。それを受けた金子校長は「児童らは今後、定住する人材。この環境を強みに、夢や思いを実現できるようにしたい」と結んだ。

 同ラウンジの館長を務めたこともあるYOKEの木村博之さんは「10年前に比べて学校と地域の信頼関係か強くなった。話を聞くと、昔にまいた種が実ってきているのを実感する」と手応えを口にしていた。

南区版のトップニュース最新6

「小学校で紙芝居を」

蒔田町片岡さん

「小学校で紙芝居を」 社会

コロナ禍で披露できず

7月2日号

南なんデー、文化祭も中止

南なんデー、文化祭も中止 社会

「4大まつり」開催なし

7月2日号

子育て家庭に食品配布

中村町障害者支援施設

子育て家庭に食品配布 社会

「こども食堂」の代替策

6月25日号

県民功労者に南区の2人

県民功労者に南区の2人 社会

表具業、教育振興に貢献

6月25日号

「作業員さんありがとう」

弘明寺町山下町内会

「作業員さんありがとう」 社会

ごみ集積所に感謝の言葉

6月18日号

世界中の「書」 動画に

蒔田町の粟津さん

世界中の「書」 動画に 文化

コロナ収束願い国際交流

6月18日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 雇用維持と相談強化

    コロナ禍の「働く」を支える 県政報告

    雇用維持と相談強化

    立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

    6月25日号

あっとほーむデスク

  • 7月2日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    6月30日20:03更新

  • あっとほーむデスク

    6月28日14:12更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ケアと仕事 考える

ケアと仕事 考える

オンラインセミナー当事者の話聞く

7月15日~7月15日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク