南区版 掲載号:2019年9月12日号 エリアトップへ

こども医療センター NICUで家族一緒に 改装で親子個室新設

社会

掲載号:2019年9月12日号

  • LINE
  • hatena
親子が過ごせる個室
親子が過ごせる個室

 六ツ川の県立こども医療センターの新生児集中治療室(NICU)が改装され、9月から生まれ変わった。親子で過ごせる個室を新たに6室設けたほか、母親が赤ちゃんのそばにいられる工夫を施すなど、退院後の自宅での生活を見据えた作りになっており、関係者は「家族全体を支える場にしたい」としている。

 同センターには病気の子が多く入院している。全国でも有数の高度な医療を受けられることもあり、患者は遠方からもやって来る。NICUは1992年の開設以来、8650人の新生児を診てきた。

 同センターは日本で初めて子ども病院に産科が併設された。当時、NICUは12床だったが、増床を繰り返し、2009年に21床になった。しかし、建物全体の老朽化や医療機器の巨大化などにより、改装に踏み切った。

24時間寄り添う

 改装により、別の診療科が使用していた場所を上階に移動させるなどしてスペースを拡大。医師らが機器に囲まれながら動いている状況から、余裕をもってスムーズに移動できるようになった。加えて、個室6床を新設。産後間もない赤ちゃんと母親が24時間、寄り添って過ごせるようにした。これまで、母親は上階に入院していたため、赤ちゃんとの面会の度に移動を余儀なくされ、身体に負担がかかることも少なくなかった。個室にすることで、照明を調整できるため、睡眠時に部屋の一部を暗くすることが可能になった。

自宅生活の助走に

 NICUを担当する豊島勝昭医師は「ベッドがあり、親子が24時間一緒に過ごせるNICUは全国でもほとんど例がない」と話す。入院時に親子が別々の場所で過ごすと、退院後に自宅で親子一緒の生活に戸惑うことがあるという。豊島医師は「NICUでの時間を家族生活の準備期間にしてほしい」と願う。医療の進歩でNICUに来る赤ちゃんの生存率は大きく上がったが、それにより、「命を救う場所」という役割に「家族全体の生活を支える場所」が加わった。

 改装にあたり、寄付を募り、約1千万円が集まり、県の予算ではカバーできなかったNICUの外で家族が待機するスペースなどを作れた。NICUの卒業者や家族からの支援も多かったという。

 豊島医師は「センターにとって、NICUは入口であり、その最初の部分のかかわりを大切にしたい」としている。
 

明るくなったNICU
明るくなったNICU

南区版のトップニュース最新6

盲導犬の役割学ぶ

弘明寺商店街

盲導犬の役割学ぶ 社会

当事者団体が初企画

5月7日号

設置8割超も課題

住宅用火災警報器

設置8割超も課題 社会

義務化10年、個数不足も

5月7日号

主婦が企画 初マルシェ

主婦が企画 初マルシェ 経済

こどもの日に六ツ川で

4月29日号

端末27万台、運用開始へ

市立学校

端末27万台、運用開始へ 教育

配布完了 ICT化へ一歩

4月29日号

香港民主化 写真で伝える

伏見町の中村さん

香港民主化 写真で伝える 社会

最前線撮影の作品展

4月22日号

ライン操作法を学ぶ

六ツ川地区連合

ライン操作法を学ぶ 社会

市企画の講座に参加

4月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    5月6日11:18更新

  • あっとほーむデスク

    5月5日10:06更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter