南区版 掲載号:2019年10月31日号 エリアトップへ

難民支援に国際高生ら 金メダリスト企画に協力

社会

掲載号:2019年10月31日号

  • LINE
  • hatena
東海大体操部の学生に合わせて準備体操をする参加者
東海大体操部の学生に合わせて準備体操をする参加者

 六ツ川の県立横浜国際高校で10月27日、1976年モントリオール五輪の女子バレーボールで金メダルを獲得したメンバーらと県内在住の難民が交流を図る「アジアスポーツフェスタ」が行われた。フェスタは同校生徒や大学生の協力者が増えており、主催者側は「イベントは難民のためであり、高校生や大学生のためでもある」と多様な価値観を育む場にもなっているとした。

 主催のNPO法人「バレーボール・モントリオール会」はメダリストや当時の取材記者らがメンバー。各地で運動教室や女性とスポーツについて考える講演会などを開く。

 会のメンバーで、同校の前身である県立外語短大付属高出身のテレビ朝日スポーツコメンテーター・宮嶋泰子さんが横浜国際高の学校評議員を務めていた関係で08年にフェスタを始めた。日本に定住する難民や留学生に交流の機会を持ってもらうことを目指し、毎年、スポーツ大会を行う。

 今年もベトナム、ラオス、カンボジアなどの定住難民約60人が参加。同校生徒や東海大バレーボール部、体操部、関東学院大で多文化教育をテーマにしたゼミに所属する学生など200人が運営を支えた。前半はチームに分かれてのバレーボール、ラオス人が作った食事を食べた後はグループに分かれて難民の体験談を聞くなどした。

 毎年、このイベントに参加しているカンボジアから来日して11年目の女性は「みんなでスポーツできるのは楽しい」とこの日を待ち望んでいた。生徒、学生側もバレーの試合に加わり、得点する度にチーム全体でポーズを決めるなど、積極的にコミュニケーションを図っていた。

 宮嶋さんは「学生にとって、ダイバーシティ(多様性)を学べる貴重な経験。ここで感じたことを将来の職業選択や活動につなげてほしい」と話す。同会の奥本浩平さんは「継続することによって、支援の輪が広がっている」と語り、今後も難民を支援したいとした。
 

南区版のトップニュース最新6

大岡川に生物の"家"を

日枝小2年生

大岡川に生物の"家"を 教育

観察通し環境整備

1月14日号

窮地の飲食店 再び試練

窮地の飲食店 再び試練 社会

緊急事態宣言で対応苦慮

1月14日号

「地域力で困難乗り越える」

松山区長インタビュー

「地域力で困難乗り越える」 社会

コロナ禍、活動支援に注力

1月7日号

正月の風景も様変わり

正月の風景も様変わり 社会

初詣、寺社は密回避策

1月7日号

「コロナ対策、最優先に」

林市長インタビュー

「コロナ対策、最優先に」 政治

IR誘致は継続へ

1月1日号

学校から五輪機運醸成

学校から五輪機運醸成 社会

南吉田小でパラ種目体験

1月1日号

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

グローバル行政書士ネットワーク

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

行政書士浅川事務所

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

南消防団

仲間を募集しています。あなたの力を地域防災リーダーとして生かしてみませんか

http://www.city.yokohama.lg.jp/shobo/shouboudan/05-22.html

一般社団法人 勁草塾

講演会の開催などを通し、真の共生社会実現を目指します

https://keisoujuku.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月15日16:24更新

  • あっとほーむデスク

    1月8日17:09更新

  • 1月5日19:26更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク