南区版 掲載号:2020年4月9日号 エリアトップへ

市電の思い出紹介 市季刊誌で特集

社会

掲載号:2020年4月9日号

  • LINE
  • hatena

 1921年から72年まで市民の足を支えた横浜市電を特集した季刊誌「横濱」春号=写真=が発行された。市と神奈川新聞社が協働編集し、年4回発行しているもの。

 特集「横浜に路面電車があった頃」では、停留所が多くあった中区や西区、南区、磯子区などの当時の風景と現在の様子や周辺の商店が紹介されている。弘明寺停留所の紹介では、商店街の店主らが思い出を語っている。阪東橋、浦舟町停留所のページでは、寿東部地区の3人の町内会長が通学に市電を使ったことなどを回顧している。ほかにも、読者から募った市電の思い出も掲載。

 作家・山崎洋子さんの地域活動レポート「横浜の底力」では、六ツ川地区連合自治会が南区の補助金事業で始めた農作業を通したまちづくり「六ツ川野外サロン」を取り上げている。注目企業紹介コーナーには、井土ケ谷下町の「太陽住建」が登場。河原勇輝社長がビジネスを通した地域とのつながりやSDGs(持続可能な開発目標)に取り組む意義を語る。

 林文子市長の対談コーナーには幼少期に当時の緑区(現・青葉区)で育ったバイオリニストの千住真理子さんが登場。

 価格は630円。詳細は神奈川新聞社【電話】045・227・0850。

南区版のローカルニュース最新6

「書」でコロナ収束祈願

【Web限定記事】蒔田町の書道家・粟津さん

「書」でコロナ収束祈願 社会

SNSでリレー、2千人参加

5月28日号

白いアジサイ「イワガラミ」見ごろ

【Web限定記事】蒔田中

白いアジサイ「イワガラミ」見ごろ 社会

6月1日から校内公開も

5月28日号

南まつりの中止が決定

地域支える人へマスクを

地域支える人へマスクを 社会

警察や区への寄贈相次ぐ

5月28日号

過去の開港祭テレビで放送

過去の開港祭テレビで放送 社会

ジェイコムが6月2日

5月28日号

文化芸術の担い手に支援金

【Web限定記事】横浜市

文化芸術の担い手に支援金 文化

28日から申請開始

5月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    5月30日14:09更新

  • あっとほーむデスク

    5月30日13:57更新

  • あっとほーむデスク

    5月29日14:48更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月30日号

お問い合わせ

外部リンク