南区版 掲載号:2020年4月23日号 エリアトップへ

子どもの居場所に寄付品 支援団体へ「カルピス」など

教育

掲載号:2020年4月23日号

  • LINE
  • hatena
寄付品を仕分けするスタッフ
寄付品を仕分けするスタッフ

 新型コロナウイルスの影響による一斉休校などで、子どもの生活環境が大きく変化する中、こども食堂などの「子どもの居場所」を支援しようと、担い手らによる「南区子どもの居場所づくりネットワーク」が寄付された食品を居場所に提供する取り組みを進める。

 こども食堂を支援する全国組織「こども食堂サポートセンター」に対し、アサヒグループホールディングスが同グループの「カルピスウォーター」やみそ汁、スープなど、約1億5千万円分の商品を寄付した。同センターはこれを全国10都道府県のこども食堂や施設に分けることにした。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた支援に関し、同グループは「子どもたちの居場所を維持し、健やかな成長を支援するため」とその理由を説明している。

 4月中旬に県内のこども食堂を支援する「神奈川こども食堂・地域食堂ネットワーク」に寄付品が届き、各地の支援団体に分配された。南区子どもの居場所づくりネットワークはカルピスウォーター450個やインスタントのスープ、味噌汁などを受け取った。

 南区子どもの居場所づくりネットワークは地域ケアプラザや公共施設が子どもの活動拠点の充実などを目的に2016年に結成された。地域団体やNPO法人など、さまざまな担い手が、こども食堂や学習支援活動を進めており、ネットワーク化により情報交換や連携をスムーズにしている。また、「こどもの居場所マップ」(http://minami-shakyo.jp/work/renrakukai/doc/ibasyMap_2020.pdf)も作成している。

 受け取った品物は今後、マップに掲載されている団体の中から希望者に渡される。

南区版のローカルニュース最新6

自宅で認知症予防講座

別所中里台中村さん

自宅で認知症予防講座 社会

コロナ禍で知恵絞る

4月22日号

保土ケ谷公会堂で大会

全日本プロレス

保土ケ谷公会堂で大会 スポーツ

28日、注目リーグ戦も

4月22日号

科学の楽しさ 子どもに

科学の楽しさ 子どもに 社会

NPOがスタッフ募集

4月22日号

電子決済で商店街支援

電子決済で商店街支援 経済

みずほ銀行、市と協定

4月22日号

アフリカの現代アート

アフリカの現代アート 文化

日本大通りで原画展

4月22日号

異文化交流の支援を

異文化交流の支援を 経済

市が補助金公募開始

4月22日号

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    4月14日20:48更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

保土ケ谷公会堂で大会

全日本プロレス

保土ケ谷公会堂で大会

28日、注目リーグ戦も

4月28日~4月28日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter