南区版 掲載号:2020年6月18日号 エリアトップへ

蒔田町の粟津さん 世界中の「書」 動画に コロナ収束願い国際交流

文化

掲載号:2020年6月18日号

  • LINE
  • hatena
紅翔さん(右)と紅花さん(左)、紅扇さん
紅翔さん(右)と紅花さん(左)、紅扇さん

 蒔田町の書道家・粟津紅翔(こうしょう)さん(21)=人物風土記で紹介=が、新型コロナウイルスの収束を祈願した「書」を世界から集める企画に取り組み、それを動画にしてYouTubeに投稿した。「コロナで苦しむ人々を元気付け、書道という伝統文化が国際交流のきっかけづくりになれば」と前を向く。

 粟津さんは海外で書道パフォーマンスや作品展などを行い、国境を越えた国同士の交流などを目指す「国際書道教育協会」の理事長を務める。

 現在は活動を自粛しているが、これまでに台湾やフランスなどに行き、日本と外国の架け橋としての役割を担ってきた。昨年11月には約80カ国の海上保安機関の責任者などが集まった会合でもパフォーマンスを行い、書道の発信に努めた。

 4月10日から5月31日まで、同じく書道家の母・紅花(こうか)さん、姉・紅扇(こうせん)さんらとともにコロナ収束を願った書をSNS上に投稿し、リレー形式でつなぐ「書道チャレンジ」に取り組んだ。

 書道チャレンジとは、「♯新型コロナ撲滅」といったハッシュタグを付け、次に書いてほしい人を指名して発信するもの。TwitterやFacebookには「越」「光」「自祝」など、コロナ収束に想いを込めて揮亳した作品が上がり、書道に初めて挑戦した外国人も投稿し、2千人以上が参加した。

 動画は2分24秒。書道チャレンジで集まった作品と粟津さんの書道パフォーマンスを載せた。「見る人が飽きず、短時間に想いを込めたかった」と言い、気軽に見られる長さに編集した。動画に収まり切らなかった作品は国際書道教育協会のホームページに載せるなどの工夫も凝らす。

 現在は新たな動画の制作を検討しており、最終的には全作品を紹介できるようにする。

日本語の面白さ発見

 フランス人のファブリスさんは「コロナ禍で皆が健康に暮らし、長生きできますように」などの想いを込め、「長寿」と書いた作品を投稿した。言葉に出しながら繰り返し練習し、「長寿(ちょうじゅ)」を伸ばして発音すると「鳥獣(ちょうじゅう)」になることに気付いた。辞書で鳥獣を調べると、長寿とは全く違う意味になることに驚き、日本語の面白さを見つけたという。

 粟津さんは「書道をきっかけに日本に興味を持ってもらえるのは嬉しい。皆さんの想いが込められた作品を発信していきたい」としている。

粟津さんの動画が見られるQRコード
粟津さんの動画が見られるQRコード

南区版のトップニュース最新6

酒米食べてロス削減

中学校給食

酒米食べてロス削減 教育

生徒、地産地消を体感

10月21日号

65歳以上の約9割完了

ワクチン接種

65歳以上の約9割完了 社会

会場縮小へ、3回目計画も

10月21日号

小児がん家族の支援拡大

こども医療センター

小児がん家族の支援拡大 社会

医師らの善意団体奮闘

10月14日号

プレミアム商品券を販売

弘明寺横浜橋通

プレミアム商品券を販売 経済

両商店街が16日に

10月14日号

サーフィン全国大会へ

永田東竹花さん

サーフィン全国大会へ スポーツ

難聴に負けず、9日決戦

10月7日号

大通り公園清掃で連携

横浜橋通商店街

大通り公園清掃で連携 コミュニティ社会

愛護会初企画に参加

10月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    10月4日19:00更新

  • あっとほーむデスク

    9月30日21:33更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

Web使った約40社面接会

Web使った約40社面接会

市企画、10月22日

10月22日~10月22日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook