南区版 掲載号:2020年11月19日号 エリアトップへ

「火災警報器の設置を」 横総生、弘明寺で啓発

社会

掲載号:2020年11月19日号

  • LINE
  • hatena
左から島先さん、岩浅さん、岡田さん、進藤さん
左から島先さん、岩浅さん、岡田さん、進藤さん

 南消防署(小出健署長)は11月9日〜15日の秋の全国火災予防運動に合わせ、住宅用火災警報器の設置を促す活動を弘明寺商店街で11月13日に行った。横浜総合高校の生徒も参加し、買い物客に注意を呼び掛けた。

 同署によると、今年10月末時点の火災件数は27件で昨年同時点の35件よりも減っているが、火を使う機会が増える年末年始は特に注意が必要だという。そのため、火災の早期発見や逃げ遅れを防ぐ「住宅用火災警報器」の設置が有効とされる。

 だが、未設置の世帯が多く、設置済みの場合でも日々の点検や10年を目安にした交換などのメンテナンスが求められる。

 13日の活動には南消防団の有賀和彦団長や弘明寺商店街の長谷川史浩理事長のほか、横浜総合高校3年の島先星龍さんと岩浅航大さん、2年の岡田夏姫さんと進藤美久さんも参加。高齢者を中心に注意を呼び掛け、啓発物を配った。

 商店街で流した音声のアナウンスを行った島先さんは「地元の学校に通う身として、皆さんの役に立てるように努めたい」と話した。小出署長は「地元の皆さんと協力して1件でも多くの火災を防げれば」と語った。

南区版のローカルニュース最新6

大学生が情報誌

横浜橋通商店街

大学生が情報誌 経済

対面販売の魅力伝える

6月10日号

食糧提供で住民支援

食糧提供で住民支援 社会

南区企業が一役

6月10日号

エコバッグで脱プラを

エコバッグで脱プラを 社会

南永田団地、小学生と制作

6月10日号

介護施設の違い解説

介護施設の違い解説 社会

南センターが講座企画

6月10日号

夏の高校野球対戦相手決定

夏の高校野球対戦相手決定 スポーツ

南区から3校

6月10日号

自筆遺言 書き方学ぶ

自筆遺言 書き方学ぶ 社会

区講座の参加者募集

6月10日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月14日12:33更新

  • あっとほーむデスク

    6月11日18:09更新

  • 6月8日11:18更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

カタツムリ作りを体験

カタツムリ作りを体験

大岡地区センター色紙で自由に

6月3日~6月30日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 雨の季節

    〈連載〉さすらいヨコハマ48

    雨の季節

    大衆文化評論家 指田 文夫

    6月10日号

  • 南の風にのって

    松山区長の

    南の風にのって

    令和3年度の南区運営方針を策定しました

    6月3日号

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter