南区版 掲載号:2020年12月3日号 エリアトップへ

「日本語・文化知って」 蒔田町粟津さん外国籍親子に講座

文化

掲載号:2020年12月3日号

  • LINE
  • hatena
子どもに日本語や文化を教える粟津さん
子どもに日本語や文化を教える粟津さん

 外国にルーツを持つ未就学児と保護者が日本語を楽しく学ぶ「区民企画講座」が浦舟コミュニティハウスで11月28日に行われ、中国籍の親子などが参加した。

 講座を企画したのは蒔田町在住の書道家・粟津紅花さん。鉛筆の持ち方やひらがなで自分の名前を書くところまで、一から丁寧に指導した。また、ゲーム感覚で日本語を覚えてもらおうと、しりとりなども行った。

つながり支える

 南区は市内で中区、鶴見区に次いで外国籍住民が多く、今年10月末時点で1万477人が暮らす。日本語をうまく話せないのでコミュニケーションが取れず、学校生活になじめない子どもや保護者もいるという。

 講座では勉強だけでなく、てるてる坊主を吊るす習慣や配布物を後ろの席の人に回すなど、日本の学校の習わしも教えた。また、粟津さんの長男・成冴さんが英語、友人の張明(チョウメイ)さんが中国語の通訳として活躍。張さんは異国で子育てをした経験などを話し、参加者にアドバイスした。

 講座に参加した中国籍の女性は「日本語や文化を楽しく勉強できた。参加者同士で子育ての悩みを共有でき、地域の輪が広がった」と話した。

南区版のローカルニュース最新6

大学生が情報誌

横浜橋通商店街

大学生が情報誌 経済

対面販売の魅力伝える

6月10日号

食糧提供で住民支援

食糧提供で住民支援 社会

南区企業が一役

6月10日号

エコバッグで脱プラを

エコバッグで脱プラを 社会

南永田団地、小学生と制作

6月10日号

介護施設の違い解説

介護施設の違い解説 社会

南センターが講座企画

6月10日号

夏の高校野球対戦相手決定

夏の高校野球対戦相手決定 スポーツ

南区から3校

6月10日号

自筆遺言 書き方学ぶ

自筆遺言 書き方学ぶ 社会

区講座の参加者募集

6月10日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日12:12更新

  • あっとほーむデスク

    6月14日12:33更新

  • あっとほーむデスク

    6月11日18:09更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

カタツムリ作りを体験

カタツムリ作りを体験

大岡地区センター色紙で自由に

6月3日~6月30日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 雨の季節

    〈連載〉さすらいヨコハマ48

    雨の季節

    大衆文化評論家 指田 文夫

    6月10日号

  • 南の風にのって

    松山区長の

    南の風にのって

    令和3年度の南区運営方針を策定しました

    6月3日号

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter